人類史上初ブラックホール撮影に貢献した国立天文台水沢VLBI観測所は、120年の歴史を誇り今もなお世界とつながっている観測拠点。奥州市東部が候補地となっている国際リニアコライダー(ILC)の話題とともに、岩手県奥州市、金ケ崎町における科学やそれに関連する地域の話題(行政・産業経済・教育・まちづくり・国際交流など)を随時アップしていきます。(記事配信=株式会社胆江日日新聞社)
投稿者 : 
tanko 2021-2-9 12:10
 岩手県は8日、歳入歳出をそれぞれ8104億7700万円とする2021(令和3)年度一般会計当初予算案を発表した。前年度当初比で13.1%少ない。東日本大震災から10年目を迎えることもあり、土木・建設工事中心とした復興事業が大幅に減少。震災分予算は667億3900万円で、同比74.4%減った。対照的に新型コロナウイルスの感染防止や経済支援策に、震災分を上回る958億5100万円を計上した。当初予算案は17日招集予定の県議会2月定例会に提案され、審議される。(児玉直人)

 21年度予算は「命を守る幸福希望予算」と名付けられた。達増拓也知事は8日、県庁で行われた会見で「新型コロナ対策が大事だということ。加えて大震災直後の原点に立ち返ったつもりで、復興をさらに進めていこうとの思いから『命を守る』という言葉を掲げた」と述べた。
 県予算は12年度以降、一般的な行政運営や全県を対象とした予算を「通常分」、震災復興に関連した予算を「震災分」に大別している。21年度予算ではさらに、通常分の中に「コロナ分」の項目を設け、新型コロナ関連事業が予算全体に占める規模を明確化した。
 通常分歳入のうち、県税などの自主財源は3282億5900万円で通常分全体の44.1%に相当。地方交付税など依存財源は4154億7800万円で、55.9%を占める。
 自主財源は前年度当初と比べ593億8600万円(22.1%)増だが、県税収入は新型コロナの影響による県民所得や企業収益の減少を見込み、前年度当初より97億5400万円(7.4%)少ない1216億7200万円とした。
 自主財源増加の要因は、新型コロナ対策関連の制度融資事業費の増額によるもの。県が融資の取扱金融機関に預託した原資は、年度末に諸収入として戻される。自主財源に区分される諸収入額は、前年度当初の倍以上となっているが、預託額が計上される歳出の貸付金(その他経費に区分)もほぼ同じくらい増えている。
 通常分歳出は、人件費などの義務的経費が2832億5500万円(前年度当初比1.0%減)。普通建設事業費など投資的経費は852億6500万円(同比13.1%減)。補助費などを含むその他経費は3752億1800万円(同比30.7%増)となっている。
 震災分は、土木・建設などのハード系事業の多くが終了し、被災者の心のケアや起業支援、防災教育といったソフト面の充実に移行している。県は総務部総合防災室と大震災直後に設置した復興局を再編し、復興防災部を新設。三陸TSUNAMI会議(仮称)や、防災推進国民会議2021の開催などに取り組む。
 震災分を上回る規模の予算措置が講じられる新型コロナ対策では、入院施設の確保に134億9440万円、医療従事者への手当支給補助に1億6840万円計上。蔓延防止として、幼保施設や学校施設、介護施設などの改修や施設整備、生活困窮者の支援なども展開する。
 素粒子実験施設「国際リニアコライダー(ILC)」誘致に係る推進事業費は1億120万円(前年度当初比17.7%減)。平泉世界遺産登録10周年関連では、記念事業や交流人口拡大、ガイダンス施設管理運営に合わせて1億2210万円を計上している。
 新規にU・Iターン就職者や新婚世帯向けの新生活支援、若者が先輩・上司に助言する「リバース・メンター制度」を参考にした取り組みを導入するなど、人口流出対策につながる若者の定住や活躍支援策も展開する。
投稿者 : 
tanko 2021-2-3 12:00

写真=金ケ崎町立図書館で7日まで開催中の宇宙×ILC企画展

 金ケ崎町立図書館(及川敏雄館長)で、企画展「宇宙×ILC」が開かれている。宇宙の奥深さや、北上山地が建設候補地となっている国際リニアコライダー(ILC)の魅力をパネルなどで分かりやすく紹介。関連蔵書約20冊も並び、来館者の宇宙に対する好奇心をくすぐっている。2月7日まで。
 県南広域振興局が国立天文台水沢VLBI観測所と連携して開催。同館も協力した企画展示で、町民らに宇宙への関心を高めてもらおうと催している。
 国立天文台水沢キャンパスや同観測所の歩みを紹介したパネルのほか、天の川銀河の星の動きを図で示した大型タペストリー3枚も掲げられ、来館者の興味を引いている。
 宇宙の仕組みやILCの意義を丁寧に解説した蔵書も展示。同観測所の本間希樹所長が執筆した論文に加え、小惑星探査機「はやぶさ2」が砂を持ち帰った小惑星リュウグウの3Dモデルなど関連資料も披露している。ILCの構造や、建設後に期待される周辺都市の変化をイラストを交えて説明したパネル5枚も並ぶ。
 国立天文台を含む国際研究チームが世界で初めて撮影に成功したブラックホールの画像を用いた顔出しパネルも置かれ、子どもらを楽しませている。
 同館の千葉哲係長は「宇宙への興味を深めていただけるいい機会。楽しく学んでもらえたら」と多くの来館を呼び掛ける。
 展示に見入っていた同町西根本町の高野二郎さん(69)は「展示を機に、北上山地へのILC誘致を望む機運が一層高まれば」と願っていた。
投稿者 : 
tanko 2021-1-15 12:00
 素粒子実験施設「国際リニアコライダー(ILC)」の実現に向け準備作業を進める「ILC国際推進チーム(IDT=International Development Team)」は、今年10月26〜29日まで、茨城県つくば市を会場に国際会議(ワークショップ)を開催する予定だ。ILC建設の有力候補地とされている本県の北上山地を研究者らが巡るツアーも予定されているという。
 IDTは昨年8月に立ち上げられた組織。ILC準備研究所(ILCプレラボ)の設立に向けた準備作業を約1年半の日程で行う。同市にある高エネルギー加速器研究機構(KEK、山内正則機構長)に拠点を置き、議長はスイス工科大学ローザンヌ校の中田達也教授が務めている。
 IDTが管理するウェブサイトに掲載された情報によると、ILC実現に向けた新たなステップへの議論のほか、実験装置開発の最新動向などを取り上げるという。
 素粒子物理の研究者コミュニティーはこのほか、3月15〜19日の日程で国際会議「リニアコライダー・ワークショップ(LCWS)2021」を開催する。新型コロナウイルス感染症により諸外国との渡航が制限されている状況を踏まえ、ジュネーブ近郊の欧州合同原子核研究機構(CERN)を拠点にリモート会議方式で行う。
投稿者 : 
tanko 2020-12-25 11:10

写真=小沢昌記市長(右)に水沢VLBI観測所予算削減の経過を説明するため市役所本庁を訪れた本間希樹所長(3月27日)

 「ブラックホール撮影成功」「創立120年」に水を差す事態が、国立天文台水沢VLBI観測所に降りかかった。同観測所の本年度予算大幅削減が明らかとなった。同観測所の電波望遠鏡「VERA(ベラ)」は運用休止の危機に直面した。
 「国立天文台コミュニティ間意思疎通推進委員会」は、国の財政難に適応した組織運営と、大規模プロジェクトの対応に天文台執行部が注力する余り、組織全体に目が行き届きにくくなったと指摘。結果、予算削減以外にもさまざまな問題が生じたとしている。
 素粒子実験施設「国際リニアコライダー(ILC)」の誘致では、地域との連携不足や不信増幅につながりかねない事案があった。
 高エネルギー加速器研究機構(KEK)は、文部科学省に申請していた「ロードマップ2020」の搭載審査からILC計画を取り下げた。計画を取り巻く状況が大きく前進したためだが、取り下げた事実を約半年にわたり候補地の地元にすら公表していなかった。ところが、地元誘致推進派は研究者側を擁護するような姿勢を見せた。公式に遺憾を述べたのは、東北経済連合会の海輪誠会長ぐらいだった。
 この二つの問題に触れ、あらためて強く感じたのは子どもたちに身に付けてほしい「力」についてだ。
 輝かしい実績を収めている天文台水沢でさえ財政難、意思疎通問題という課題に直面した。この先の社会ではより複雑な課題対応が待ち構えている。そのような時代を生き抜くための力をさまざまな教科、行事を通じて身に付けるのが教育の場だと思う。対応一つで社会的信頼を失う恐れはいくらでもある。
 そう考えた時、教育現場でのILC普及活動の現状は、本当に適切なものであろうか。理科学習への興味関心を引き出すものではなく、特定事業への応援団育成になっていないか。理系や文系という系統に偏らない幅広い「教養」こそ求められているはずだ。
(児玉直人)
投稿者 : 
tanko 2020-12-20 11:10

 「やはり天文学の仕事をしたい」。和歌山県内の自治体職員を辞め、縁あって国立天文台水沢VLBI観測所の広報担当の特任専門員として赴任したのは2018(平成30)年3月。一度は離れた組織に、形は異なるが身を置くことになった。
 生まれは東京都八王子市。幼少年時代、まだ周囲は田舎の風景が残っていた。根っからの理科好き。お年玉をためて天体望遠鏡を買い、夜中に友だちと星空観察に出掛けた。高校2年に上がる前の春休みには、ハレー彗星の接近を見るため、わざわざオーストラリアへ出掛けたほどだ。
 弘前大学大学院で物理学を専攻。修士課程を修了し、総合研究大学院大学へ。国立天文台で博士号取得を目指したが、道半ばで断念した。だが、その間に培った人脈、就職先の和歌山県内の自治体で任された公共施設管理業務などの多様な経験は、現在の仕事に生かせるものばかりだった。
 就任後、本間稀樹所長ら観測所スタッフに「ある程度の権限を持たせてほしい」と要請した。「何かするたびに全体の意見、了承を得ていたら時間がかかる。情報はタイムリーに発信されなければ、誰にも注目されない」
 昨年から今年にかけては、手腕が試される出来事の連続だった。ブラックホール撮影成功の発表を機に、取材や講演の依頼が殺到。観測所創立120周年にも対応する目まぐるしさだった。
 ほっとしたところに舞い込んできたのが、観測所予算の大幅削減問題。研究者界だけでなく地域に与える衝撃も大きいだけに、本間所長とタイミングや発信内容について何度も議論を交わした。
 組織広報でよくあるのは、トップダウン的に上層からの見解が内部通達され、その意向や指示通りに担当部門が情報発信する姿。しかし、ここでは広報もトップも対等の立場だ。
 都合の悪い話になると、トップが表に出ず担当者に説明させるケースも少なくない。だが「今はトップが前に出て自分の言葉で語る時代。プラスの話に限らず、マイナスの話であっても結果としていい形に働く。所長はその辺をものすごく理解している。なかなかいない研究者だ」。大きな信頼を寄せる。
 「電波望遠鏡の存続署名など市民の皆さんの温かい思い、応援したいという力に真っ先に触れることができるポジション。この喜びが仕事の原動力にもなる」とほほ笑む。
(児玉直人)
===============================
 執務室の机の下には、弘前大時代に恩師・二間瀬敏史氏(宇宙物理学)の勧めで買った天体望遠鏡がある。「買ったというか、買わされたというか…」と笑う。休みはゆっくり自宅で過ごすか、ドライブがてらの食べ歩き。北上市在住。
投稿者 : 
tanko 2020-12-20 10:10

写真=水沢図書館で開かれている企画展「宇宙×ILC」

 素粒子物理学研究施設「国際リニアコライダー(ILC)」について紹介する企画展「宇宙×ILC」(県南広域振興局主催)が、水沢佐倉河の市立水沢図書館で開かれている。ILCをはじめ、宇宙科学に関する本やパネル、県立水沢工業高校の生徒が作った模型も並び、科学的好奇心を刺激している。22日まで。月曜休館。
 建設の有力候補地として北上高地が挙げられるILCについて広く知ってもらおうと、県南局が国立天文台水沢VLBI観測所の協力を得て企画。管内の8市町を巡回している。
 子ども向けの解説パネルも用意。昨年同観測所の本間希樹所長らが貢献した、ブラックホールの観測を扱った図書も並ぶ。
 ILC推進モデル校でもある水沢工高の生徒が制作した模型は、赤と青の発光ダイオード(LED)を使い陽電子と電子が衝突し素粒子が生じる現象を表現。水沢佐倉河の小川原輝真君(11)は「ILCは聞いたことがある。宇宙船みたい」と興味を示しながら模型を眺めていた。
投稿者 : 
tanko 2020-12-18 10:30

写真=賞状を手渡される児童

 「宇宙の日」記念全国小・中学生作文絵画コンテストの入賞者表彰式がこのほど、水沢星ガ丘町の奥州宇宙遊学館(中東重雄館長)で行われた。
 文部科学省や宇宙航空研究開発機構(JAXA)、同遊学館など全国57の応募協力科学館が主催。今回は「50年後の宇宙生活」をテーマに応募を呼び掛けた。同遊学館では作文3点、絵画19点を受け付け。同遊学館スタッフや隣接する国立天文台水沢VLBI観測所の所員らを交えた審査で、作文2点、絵画7点の入賞を決めた。全国審査の対象となる最優秀賞は、該当がなかった。
 表彰式では、中東館長や同観測所の亀谷收助教が、入賞者に賞状を手渡した。中東館長は「50年先を見据えた作品の多くに感動させられた」と講評。亀谷助教は「夢がある作品ばかりで感心した。大きくなったらぜひ研究者になってほしい」と呼び掛けた。
 絵画の部で「天文台所長賞」を受賞した、市立常盤小学校5年の星野友佑君(11)は、大好きな天文学と鉄道の世界を織り交ぜた作品。「地球から新幹線で宇宙旅行できたらいいなと思い描いた」という。表彰式に同観測所の本間希樹所長は出席できなかったが、館内に展示されている本間所長の写真パネルの前で賞状を手に写真を撮り、記念にしていた。
投稿者 : 
tanko 2020-12-9 6:30
 国立天文台水沢VLBI観測所(本間希樹所長)の本年度当初予算が大幅に削減された問題などを調査・検討をしてきた、「国立天文台コミュニティ間意思疎通推進委員会」(委員長・観山正見広島大学特任教授)はこのほど、中間報告書を取りまとめ公表した。同天文台(常田佐久台長)執行部と観測現場の研究者らとの間では、意思疎通の不十分さからさまざまな問題が生じていた。国の財政難を背景に、競争的環境下での資金配分、トップダウン(上意下達)型の運営などが強く推奨されてきたことが原因とみられる。推進委は、天文台側と現場研究者側双方に改善に向けた提言を行った。
(児玉直人)

 推進委は元天文台長である観山教授と、佐藤勝彦・前自然科学研究機構機構長の提案により、同天文台運営会議の下に設置された。今年5月21日から11月30日まで25回にわたり会合を開いた。観山、佐藤両氏のほか5人の有識者が委員を務めた。
 同観測所に関連する報告には、予算削減に至った経緯が詳細に記されている。
 執行部は2018(平成30)年6月、2019年度から2022年度までの4年をかけ、観測所予算を2018年度の半分に減らすよう要求した。観測所は要求に従い、削減案を検討し計画案を提示。執行部は了承した。
 昨年12月、削減計画に基づいた2020年度予算要求額を執行部に提出。ところが執行部は、「2019年度予算の半分に」という新たな条件を提示。加えて、同観測所が運用するVERA(天文広域精測望遠鏡)を使ったプロジェクトも前倒しで終了するよう伝えてきた。
 観測所が説明を求めても「予算が厳しい」という以外、具体的説明がなかった。今年2月に本間所長ら関係者8人が常田台長に要望書を提出しても、無回答だった。
 3月下旬、予算は大幅減の状態で通達。新年度に入り、常田台長は関連する研究者団体に対し、台長裁量で配分する「リーダーシップ経費」に申請すれば、予算追加の可能性があるとの方針を示した。結果として、本年度分の電波望遠鏡運用が可能な経費は補填された。
 推進委は「予算決定の手続きの不透明性、観測所への説明責任を果たしていないことは、執行部の対応として不適切」と批判。「予算の厳しさは観測所長も理解していた。それを考えると執行部の手続き不備、観測所とのコミュニケーション不足が大きな問題に発展した」と結論付けた。
 このほかに調査対象とした複数の問題でも、執行部と研究者側のコミュケーション不足が直接のきっかけとなるなど、いくつかの共通点が確認できた。執行部からの不快な発言や叱責など、ハラスメント(嫌がらせ、いじめ)と捉えられる可能性の高い行為も複数指摘されたという。
 推進委は、国の財政難に適応した組織運営や、国際プロジェクト「TMT(30m望遠鏡)計画」への対応に労力を注ぐあまり、執行部は天文学全体の発展に関して目が向きにくくなったと指摘。研究者側と意思疎通を図ることなく、トップダウンで進めてきたため、随所で問題が起きたとしている。
 推進委は、天文台側の改善策として▽委員会規則の改訂を含む意思決定システムの改善▽議事録の速やかな公開▽ハラスメント防止体制の改善▽運営評価委員会の新設――を提言。研究者側に対しては、基礎学術を巡る現状などを主体的に理解、天文台の運営に主体的に関わるよう求めた。
 水沢VLBI観測所の本間所長は、胆江日日新聞社の取材に「大先輩である重鎮の方々に客観的に検証していただいた。指摘された問題点が改善されていくことを期待したい」とコメントした。
投稿者 : 
tanko 2020-12-7 10:20


写真=酒井栄さんが撮影した「はやぶさ2」の光跡(矢印部分)。6日午前1時55分ごろ

 日本の小惑星探査機「はやぶさ2」本体の撮影に6日未明、NPO法人イーハトーブ宇宙実践センター理事の酒井栄さん(67)=水沢東大通り=が成功した。
 酒井さんは、宇宙航空研究開発機構(JAXA)の「はやぶさ2プロジェクト」、日本惑星協会、日本公開天文台協会が共同実施する「はやぶさ2おかえり!2020共同観測キャンペーン」に参加。水沢黒石町にある私設の天体観測施設で、上空を通り過ぎるのを待った。
 探査機は、小惑星「リュウグウ」で採取した物質を収めたカプセルを前日のうちに放出。カプセルの大気圏突入を撮影するため、高度約200〜300kmまで降下している最中だった。この高度は国際宇宙ステーション(ISS)よりも低い位置で、降下の様子はISS滞在中の日本人宇宙飛行士・野口聡一さんも見届けたと、自身のツイッターに投稿していた。
 酒井さんは、5年前の12月3日に同探査機の撮影に成功。今年10月18日には、目的地だった小惑星「リュウグウ」もとらえている。
 同探査機から分離されたカプセルは6日午前2時半ごろ、大気圏に突入しオーストラリア南部のウーメラ砂漠に着地。日の出後に回収され、同8時すぎに現地の本部に到着した。
 一方同探査機本体は、次の目的地である小惑星「1998KY26」を目指し、地球から離れている。到着は11年後の予定。
投稿者 : 
tanko 2020-12-6 10:10

奥州宇宙遊学館で行われた「はやぶさ2」カプセル分離の中継放映。手前は、来館者から寄せられた応援メッセージ

 日本の小惑星探査機「はやぶさ2」は日本時間の5日、小惑星で採取した物質が入ったカプセルを地球に向け本体から分離、放出した。「玉手箱」の愛称で呼ばれているこのカプセルは、順調に進めば6日未明にオーストラリア南部のウーメラ砂漠に着地、回収される。探査機本体には、国立天文台水沢キャンパス内にあるRISE月惑星探査プロジェクト(竝木則行室長)などが開発した機器も搭載。キャンパス敷地内の奥州宇宙遊学館(中東重雄館長)は5日、カプセル放出の中継動画を放映した。
(児玉直人)

 同探査機は、2014(平成26)年12月に打ち上げられた。目的地の小惑星「リュウグウ」の名称は、おとぎ話『浦島太郎』にあやかったもので、小惑星表面のクレーターや岩にも「ウラシマ」「オトヒメ」といった名前が付けられている。
 地球から約3億km離れた「リュウグウ」に到達した同探査機は、表面や内部の物質を採取。「玉手箱」カプセルに取り入れた。
 探査機本体には、水沢に本拠地を置くRISEなどが開発したレーザー高度計(LIDAR)が搭載されている。レーザー光を小惑星表面に照射し、反射してくる時間から高度を割り出す装置で、物質採取の成功を支えた。
 宇宙航空研究開発機構(JAXA)によると、同探査機は5日午後2時半、地球まで22万3000kmの地点で衛星本体から予定通りカプセルが分離された。問題がなければ6日午前2時半ごろ、大気圏に突入し、同2時分ごろに着地する。カプセル内に収められた物質は、太陽系の進化や生命誕生の謎を解く研究に活用される。
 一方、探査機本体はカプセルが大気圏に突入する様子を撮影するため、国際宇宙ステーションの軌道よりも低い高度約200〜300kmまで降下。その後、別の小惑星探査に向けて再び地球から離れる。
 宇宙遊学館では、JAXAが提供する中継映像を放映。来館者に「はやぶさ2」への応援メッセージ記入の協力も求めた。茨城県つくば市のJAXA筑波宇宙センターを見学したこともある金ケ崎町立第一小学校6年の稲邑瑛人君(11)は、カプセル分離成功を喜ぶJAXAスタッフの姿を見届け、「無事に成功してとてもうれしかった」と笑顔を浮かべていた。
 同館での応援メッセージの記入は今月25日まで受け付け、画像にしてJAXAに後日届ける。18日から来年1月10日までは、同探査機の運用エピソードをまとめた漫画「こちら『はやぶさ2』運用室」のパネル巡回展を開催する。

当ホームページに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての著作権は胆江日日新聞社に帰属します。
〒023-0042 岩手県奥州市水沢柳町8 TEL:0197-24-2244 FAX:0197-24-1281

ページの先頭へ移動