人類史上初ブラックホール撮影に貢献した国立天文台水沢VLBI観測所は、120年の歴史を誇り今もなお世界とつながっている観測拠点。奥州市東部が候補地となっている国際リニアコライダー(ILC)の話題とともに、岩手県奥州市、金ケ崎町における科学やそれに関連する地域の話題(行政・産業経済・教育・まちづくり・国際交流など)を随時アップしていきます。(記事配信=株式会社胆江日日新聞社)
投稿者 : 
tanko 2022-10-27 18:30

写真=ブラックホールがプリントされた自販機と、出てきた商品を手にする本間希樹所長

 水沢吉小路の(有)菓処高千代(高橋一隆社長)店舗前に、ブラックホール(BH)の画像がプリントされた自動販売機が設置されている。同社は、史上初のBH撮影成功に貢献した国立天文台水沢VLBI観測所(本間希樹所長)にあやかった菓子を販売。「天文台のあるまち」ならではの商品が、店舗営業時間外も購入できる。
 同社などが加盟する水沢菓子組合(組合長=高橋社長)では2019年、BHをイメージした菓子を開発するプロジェクトを立ち上げ。それぞれに個性あふれる菓子を考案し、各店のほか観測所敷地内の奥州宇宙遊学館などで販売している。
 自販機導入は、働き方改革に伴う営業時間の短縮がきっかけ。従業員の就労環境を改善する一方で、店の営業時間外でも商品を買えるようにしたいと、ここ最近広がりを見せている食品の自動販売機の導入を決めたという。
 今月20日から稼働しており、翌日には本間所長も視察。実際に商品を購入した。強力な重力を持つBHがプリントされた自販機だけに、「代金は確実に吸い込まれましたね」とジョークを飛ばしていた。
投稿者 : 
tanko 2022-10-8 18:20
 奥州市の倉成淳市長は7日、国立天文台水沢坑味贈百兮所(本間希樹所長)のクラウドファンディング(CF)に協力したことが、選挙区内の寄付を禁止している公職選挙法に抵触する恐れがあるとして陳謝した。倉成市長は同日、寄付の返還を申し出ており、同天文台は手続きを進めている。
 同CFは、同観測所の研究活動や運営費を確保するために実施。今年4月20日から約2カ月間にわたり広く支援を募った。反響は大きく、1256個人・団体から当初目標の3倍超となる約3023万円が寄せられた。
 倉成市長は趣旨に賛同し、個人として5万円を寄付した。このコースでは、本間所長の講演聴講やオリジナル南部鉄器風鈴などが返礼品として用意された。
 同天文台は今月6日、公表希望した寄付者名をホームページに掲載。その中に倉成市長の名前があり、複数の人から「公選法に抵触するのでは」との指摘を本人が受けたという。
 倉成市長は7日、市議会全員協議会の冒頭で経緯を説明。「公選法に対する認識が不十分なまま寄付してしまった。市民に疑念を生じさせ、天文台にも多大なご迷惑をお掛けし、深くおわび申し上げる。しかるべき機関等から照会や調査の要請があった際は、誠意を持って対応していく」と陳謝した。
 同観測所の本間所長は取材に「(7日午前に)倉成市長から直接電話があり、返還に向け対応する。応援の気持ちはしっかり受け止めたい」と話した。
 公選法では公職にある者や候補者らに対し、選挙区内における寄付行為を禁止している。総務省は「返礼品の価値が支払額に見合わなければ公選法に抵触する恐れがある」との見解を示す。
 今回のCFで集めた資金は、奥州市水沢に拠点を置く「水沢VLBI観測所」の事業に活用するが、契約上の実施主体は東京都三鷹市に本部がある「国立天文台」となっている。同天文台は、東京都港区の大学共同利用機関法人自然科学研究機構(川合真紀機構長)の傘下にあり、寄付者への領収書は川合機構長名で発行された。同観測所は水沢の他、沖縄県石垣市など国内3カ所に施設がある。

当ホームページに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての著作権は胆江日日新聞社に帰属します。
〒023-0042 岩手県奥州市水沢柳町8 TEL:0197-24-2244 FAX:0197-24-1281

ページの先頭へ移動