岩手県奥州市・金ケ崎町をエリアとした地域新聞社による国際リニアコライダー(ILC)関連記事を掲載。 奥州市東部の北上山地は、現時点における世界唯一のILC候補地に選定されました。当サイトにはILCをはじめ、理系分野やILCに関連性のある地域の話題(行政・産業経済・教育・まちづくり・国際交流など)についての記事を随時アップします。
投稿者 : 
tanko 2016-12-31 10:50
 奥州市国際交流協会(佐藤剛会長)が取り組む医療通訳ボランティアの体制構築が進んでいる。2年目を迎えた本年度、登録メンバーは11人増の28人に拡充。英語、中国語、韓国語、タガログ語(フィリピン)の4カ国語に対応する環境が整った。同協会は新年度、インドネシア語を加えることを検討中で、多文化共生社会の実現推進へ力を入れる。(渡辺学)

 本年度の派遣実績は11件(12月20日現在)で、昨年度1年間の12件にほぼ並ぶ。依頼したのはアメリカとフィリピン出身者で、通訳で使用した言語は全て英語となっているが、昨年度は中国語の依頼も受けている。
 医療通訳ボランティアの登録者は奥州市内在住が21人、奥州市外が7人で、日本人と外国出身者の双方がいる。ボランティアは、通訳依頼を受けた協会から連絡を受け、患者と病院で待ち合わせ。医師と患者と間に入るほか、医療費の支払い手続きなど院内で必要な全ての場面で通訳するのが役割だ。
 同協会が派遣するボランティアは、北九州市や新潟県糸魚川市などでも医療通訳システム構築に携わるRASCコミュニティ通訳支援センター=神奈川県=の研修会受講が条件。同協会は昨年度から年1回、奥州市内で実施している。
 受講者は、プライバシー保護を含めた座学や模擬訓練を行うほか、最終的に試験で一定レベル以上の語学力がある人のみ通訳者と認められる。英語の場合、英検準1級以上のレベルが必要になるという。
 医療通訳ボランティアについて「特に医師から、意思疎通しやすいと言ってもらえる」(同協会事務局)といい、制度開始から2年間では診察のほか、乳児健診に立ち会った事例もある。
 一方、課題は運営経費。研修会費用は市補助で賄っているが、ボランティアに対して協会は、1回の通訳依頼につき交通費1000円(一律)の支給にとどまる。病院では診察までの待ち時間があり、検査が加われば4時間、5時間といった拘束時間にもなるため、制度の安定運営にはボランティアへの報酬も必要。先進地事例では、受益者の外国人患者と病院が折半して報酬を出す事例と、行政が支出する事例があり、同協会は検討を進めている。
 また、現在は県立胆沢病院と総合水沢病院が加入する賠償制度に通訳ボランティアも加えられているため、医療事故による賠償責任への懸念が払拭されているが、奥州市外や岩手県外の医療機関での通訳の依頼を受けたケースの対応方法は検討事項。ただ、同協会事務局は「両病院に理解を示してもらい、ボランティアを進められている。今後も通訳言語を増やし、充実させたい」としている。

写真=通訳を介して行われる診察。市国際交流協会提供の医療通訳ボランティアの体制構築が進んでいる
投稿者 : 
tanko 2016-12-26 9:30
 いわてILC加速器科学推進会議代表幹事で、元岩手県議の亀卦川富夫(きけがわ・とみお)氏が25日午前3時7分、急性骨髄性白血病のため水沢区内の病院で死去した。76歳だった。
 岩手県奥州市水沢区出身。自宅は岩手県奥州市水沢区字大町96の1。火葬は27日午後1時半から岩手県奥州市水沢区佐倉河字東鍛治屋44、さくらぎ苑。通夜は27日午後4時から岩手県奥州市水沢区字大畑小路64の1、安心堂日高店で。葬儀・告別式は29日午前10時半から岩手県奥州市水沢区東町40、水沢グランドホテルで。喪主は妻知子(ともこ)さん。
 衆院議員の椎名悦三郎、椎名素夫両氏の秘書を務める一方、水沢青年会議所時代には東北新幹線水沢江刺駅の誘致運動に携わった。
 旧水沢市議を1983(昭和58)年の初当選から5期連続で務め、副議長などを歴任。2003年から2011年まで県議を2期務め、岩手競馬存廃問題では存続派の一員として力を注いだ。
 国際経済政策調査会理事や水沢日本外交協会会長、いわてILC加速器科学推進会議代表幹事などの役員は現職だった。外交協会に関しては、国際情勢や時事問題などに関する講演会を定期的に開催したとして、今年7月に外務大臣表彰を受賞。県議時代から傾注していたILC(国際リニアコライダー)誘致活動では、市民周知を図るフォーラムの企画や児童生徒向け副読本の作成を進めるなど、積極的な活動を展開していた。
投稿者 : 
tanko 2016-12-17 11:30
 江刺区東部を含む北上山地が有力候補地となっている素粒子実験施設、国際リニアコライダー(ILC)の冷却用水の調達に、胆沢ダムの貯水と同区まで延びる胆江広域水道の給水管を活用する案が検討されている。ILCの受け入れ態勢などを協議している連携組織・東北ILC準備室の室長を務める鈴木厚人・岩手県立大学学長が16日、仙台市内で開かれた同準備室報告会で明らかにした。ILCが稼働する際、加速器や関連設備から熱が放出される。既存施設を使って安定的に冷却水を調達する観点から、同ダムや広域水道の存在に関係者が注目した形だ。(児玉直人)

 同準備室は今年6月の東北ILC推進協議会総会の承認を経て設置。岩手県立大学や東北大学、岩手大学、岩手・宮城両県、仙台市、岩手県ILC推進協議会の関係者らで構成している。▽広報▽地域▽技術▽産業――の4部門と、地下施設、マスタープランの2専門部会が、ILCの日本誘致実現を見据えた具体的な受け入れ態勢の準備を推進。候補地の地元が準備万端の状況だと示すことで、日本政府の受け入れ判断を強力に後押しする狙いもある。
 同日の報告会で鈴木学長は、準備室発足から現在までの協議、検討状況を説明。この中で、技術部門が検討している冷却設備の最適設計で、胆沢ダムの貯水を利用して加速器や関連設備を冷却するアイデアが示された。
 ILCが稼働する際、加速器や熱併給発電(コージェネレーション)システム、空調用冷温水発生装置など設備から顴度から数百度程度の排熱が生じるという。これらの設備の冷却や熱エネルギーの有効利用を図る手段として、同準備室は胆沢ダムの貯水や、江刺区まで既に整備されている胆江広域水道の給水管に着目した。
 同広域水道は、衣川区を除く胆江地域に工業用水や家庭用水を供給。江刺区方面には、同区のフロンティアパーク(工業団地)と万松寺地区に配水施設を設け、製造系企業や家庭向けの給水事業を行っている。
 同広域水道を運営する奥州金ケ崎行政事務組合(管理者・小沢昌記奥州市長)によると、胆沢区若柳の同ダムから江刺区内の2配水施設までの配管距離は30km余り。現在は工業用、家庭用合わせて1日当たり約1700t供給しているが、需要計画に基づき同1万tの供給に対応できる給水管を設置しているという。
 冷却水によってILCの排熱を回収し、その熱エネルギーを地元産業などへの活用案も描く。鈴木学長は「ヨーロッパなどで大規模な実験施設を整備するときには、省エネ対策を検討することがもはや義務のようになっている」と説明。自然エネルギーでILC施設自体を動かす『グリーンILC』を実現する必要性を強調した。
 このほか鈴木学長は、ILC実現を見据え奥州市など関係自治体などが策定したまちづくり計画を集約し、地域広域基本計画の取りまとめを進めていることや、特区申請、多文化共生社会の構築に向けた取り組みなど、同準備室による作業の進捗状況も紹介。各部門が検討した受け入れ対策は、来年夏ごろにもまとめられ、その後、政府に提言しながら日本誘致の判断がしやすい環境を構築する。

写真上=ILC加速器等の冷却用水の調達先として検討されている胆沢ダム(奥州市胆沢区若柳)
写真下=東北ILC準備室での協議状況を説明する鈴木厚人・岩手県立大学長(TKPガーデンシティ仙台)
投稿者 : 
tanko 2016-12-13 13:40
 盛岡市を主会場に催され、9日に閉幕した国際会議「リニアコライダー・ワークショップ(LCWS)2016」。国際リニアコライダー(ILC)の実現に向け、意見を交わした研究者たちは、さまざまな歓迎セレモニーやイベントを通じ、地元の熱意に触れられることができたという。一方、地元誘致関係者は、会議を機にILC実現に向けた機運が高められたと実感。日本政府の判断が待たれる中、今後はさまざまな産業分野や地域の力を結集して、受け入れ態勢を具体的に構築していくことが求められそうだ。
(児玉直人)

 現地実行委員会議長として奔走した岩手大学理工学部の成田晋也教授は、「今後の研究発展につながる、非常に大きな意義のある会議になった」と喜びをかみしめる。「地域の方々による関連イベントの開催など、これまでにない形で会議を盛り上げていただいた。参加した研究者の評判も非常に良かった」と、地域の協力に感謝した。
 「地元の熱意の大きさが、会議の大成功に結びついた。われわれも頑張らなければ」と語るのは、東北大学大学院の山本均教授。国際研究者組織「リニアコライダー・コラボレーション(LCC)」の物理・測定器部門代表職を来年から米国の研究者に引き継ぐが、ILC計画には今後も携わっていくという。
 山本教授は「あと2年程度がILC実現への最後の機会」と強調。この状況下、有力候補地の岩手で開催されたことに加え、徐々に加速器の規模を大きくしていく「段階的建設」のアイデアをLCC最高責任者リン・エバンス氏が発表したことは、「ILC実現に向けて大きな一押しとなる」と捉える。
 県ILC推進協議会は、会期中の県民集会「ILCシンポジウム」の開催など、地元熱意を伝える取り組みを展開した。同協議会の猿川毅事務局長は「地元中高生と研究者との交流の場面もあったが、加速器関連の地元と県外の企業とが交流する企画も実施した。産業界の熱意も高まった点は非常に良かった」と評価。「県民集会には会場に入りきれないほどの人が集まった。ILCが身近になってきているのを感じた。今後は、岩手から東北、全国へと誘致の取り組みステージが高くなっていく。状況に合わせた取り組みを展開したい」と話していた。
 同様に熱意の広がりを感じたのは、NPO法人イーハトーブ宇宙実践センター=水沢区=の大江昌嗣理事長。「少し前までは関心が薄かった地域住民の間からも、『子どもの教育の観点からもILCは大切』という声が出るようになってきている。県民集会に参加しても、意識の変化を感じた」という。「今後、具体的に何をしていくかという段階になったときが重要。想定される課題や取り組みに対し、分野や立場を超えてアイデアや力を合わせなければいけない」と提言する。
 奥州市ILC推進室の朝日田倫明室長は「ILCが来るものと意識して、まちづくりを進めないと、いざ決まった時に遅れてしまってはいけない。『東北ILC準備室』と一緒に協力しながら進めていきたい」と話した。

写真=LCWS参加のため岩手に集まった国内外の素粒子物理学研究者たち(今月5日、盛岡市のアイーナ)
投稿者 : 
tanko 2016-12-10 13:40
 奥州市内の中学生を茨城県つくば市の宇宙航空開発施設などに派遣する「科学体験研修」は、来年1月4〜6日の日程で行われる。高エネルギー加速器研究機構(KEK)や宇宙航空研究開発機構(JAXA)を訪れ、最先端の科学技術を間近にする。
 同研修事業は、最先端科学やそれを支える研究者の努力にじかに触れ、科学への興味関心を高めてもらおうと、市が各区の中学2年生を対象に毎年実施している。今年の研修テーマは「踏み出せ科学への一歩〜科学が繋げる世界と宇宙〜」。
 9日夕、参加生徒31人のほか保護者、引率者など約80人が出席し、市役所江刺総合支所多目的ホールで結団式が行われた。生徒たちは「仲間と協力しながら有意義な研修にしたい」「自主的に行動し科学の知識を増やしたい」「市の代表としての自覚を持ち行動する」などと一人一人が目標や意気込みを述べた。
 田面木茂樹教育長は「日本の最先端の科学を学ぶ機会は、そうはないこと。奥州にILC誘致が進められているが、将来皆さんにはぜひ研究者として携わってほしい。その一歩としても、現地で大いに学んできてほしい」とエールを送った。
 一行は、KEKやJAXAで施設を見学するほか、研究者の説明に耳を傾け、高エネルギー加速器に関する実験的研究、宇宙開発の研究内容などについて理解を深める。

写真=研修への意気込みや目標を発表する生徒たち
投稿者 : 
tanko 2016-12-10 6:10
 素粒子実験施設「国際リニアコライダー(ILC)」に関連した大規模な国際会議「リニアコライダー・ワークショップ(LCWS)2016」は9日、5日間の全日程を終了し閉幕した。最終日は参加研究者が奥州、一関両市を視察。有力候補地の北上山地を直接見て、現地の雰囲気を肌で感じ取っていた。
(児玉直人)

 LCWSは、ILCのように加速器を直線状に並べて素粒子実験を行う研究分野を対象としており、年に一度開催。ILC有力候補地の地元での開催となった今回は、22の国と地域の研究機関や大学に所属する当該分野の研究者350人が参加した。
 盛岡市のいわて県民情報交流センター(アイーナ)と、盛岡地域交流センター(マリオス)を会場に全体会議や分野ごとの会議が繰り広げられた。期間中、アイーナでは地域の魅力を紹介するイベント「いわてまるごとフェア」や、県内外の加速器関連産業の技術を紹介する企業展示会も併催された。
 最終日の9日は、午前中に今回の開催内容を締めくくる全体会議がアイーナで行われた。その後、参加研究者のうち約100人がバス4台に分乗し、ILC建設候補地を視察した。
 一行は、水沢区佐倉河の市文化会館(Zホール)やスーパー、飲食店が集積する商業地域をバスの中から見学。国道343号を経由し一関市大東町の大原市民センターへと移動した。
 センター2階大会議室には、候補地一帯を立体視できる航空写真をはじめ、ボーリング調査で採取された花こう岩の岩盤サンプルなどを展示。奥州、一関、気仙沼3市のILC誘致に向けた取り組みなどもパネルや写真で紹介した。
 フランス国立科学研究センター(CNRS)研究部長のドゥニ・ペレ=ガリクスさん(60)は、CNRS日本事務所長などを歴任したこともあり、東京や茨城県つくば市に8年間滞在していたが、岩手を訪れたのは初めて。「とてもいい場所で、多くの人たちが歓迎してくれた。北上山地の雰囲気は、自宅があるジュラ山脈にとてもよく似ている。温泉も好きなので、ILCができたらぜひ住んでみたい」と観光ポスターを見ながら笑顔で話していた。「CERN(欧州原子核研究機構)でヒッグス粒子が発見されたが、ヒッグス粒子が一体どんなもので、どうして誕生したのかを知ることができるのがILC。私たちが研究している分野の未来にとって必要な施設だ」と建設の意義を強調した。

写真=候補地一帯を立体視できる航空写真を見る外国人研究者ら
投稿者 : 
tanko 2016-12-7 10:30
 国際リニアコライダー(ILC)計画を推進する国際的な研究者組織リニアコライダー・コラボレーション(LCC)のディレクター兼最高責任者のリン・エバンス氏(ロンドンインペリアルカレッジ教授)らは6日、国際会議「リニアコライダー・ワークショップ(LCWS)が開かれている盛岡市内で記者会見し、来年1月からのLCC新体制を発表した。任期は3年。LCCは当初、今年末までの活動を見込んでいたが、日本政府がILC建設計画の受け入れを決断しておらず、取り組みを継続していく必要があると判断した。
 ディレクターはエバンス氏が続投。副ディレクターも引き続き、村山斉氏(カリフォルニア大バークレー校教授)が務める。LCCを構成するILCの研究グループのリーダーには、新たに道園真一郎氏(高エネルギー加速器研究機構・研究主幹、教授)が就任。物理・測定器分野は山本均氏(東北大大学院教授)に代わり、ジム・ブラウ氏(米オレゴン大教授)がリーダーとして指揮を執る。ILCと並ぶプロジェクトの柱であるコンパクト・リニアコライダー(CLIC)分野のリーダーは、スタイナー・スタプネス氏(CERN)が引き続き務めることになった。
 エバンス氏は「日本政府が計画を受け入れるポジティブな判断をしてくれると期待している」と述べた。そのためにも「科学の観点からの価値、国際組織を日本のこの地でホストすることの価値、文化や科学技術の面での価値など、さまざまな価値を情報提供していく」と話した。
 ILC計画実現の大きな課題となっているコスト削減については、段階的に加速器の距離を延ばし、数十年かけて最終的な計画延長に仕上げる案を説明。「この方法であれば初期投資が少なくて済み、新たに延長するときには現在の技術よりさらに進んだ技術で加速器を開発することができる」と話した。
 地元岩手の受け入れ態勢については「十分に努力してもらっている」と評価。計画実現に向けて「地元からも日本政府に粘り強く働き掛けていくことが大事ではないか」と述べた。
投稿者 : 
tanko 2016-12-7 10:30
 国際リニアコライダー(ILC)建設に関係する国内外の加速器関連産業や土木建築業者らの取り組みを紹介する「企業展示会」が6日、盛岡市のいわて県民情報交流センター(アイーナ)8階で始まった。5日に開幕した国際会議「リニアコライダー・ワークショップ(LCWS)2016」の併催行事で、研究者のみならず一般の人も見学できる。8日まで。
 LCWSに参加している各国の素粒子物理学者らに、日本の加速器関連産業やそれを支える企業技術を広くアピールしようと、東北ILC準備室(室長・鈴木厚人県立大学長)が主催。ILC誘致を進める産学官連携組織「先端加速器科学技術推進協議会(AAA)」や東北経済連合会ビジネスセンター、いわて産業振興センターが連携し、参加企業を募った。
 県内12社、県外41社が出展。奥州市からも前沢区の千田精密工業と、江刺区のサンアイ精機が展示ブースを出し、会議の合間や昼休みに訪れた国内外の研究者らに自社製品を説明していた。
 県政策地域部科学ILC推進室の熊谷郁夫・ILC推進課長は「研究者に対する外向きのアピールの目的もあるが、県内外の企業が互いに情報のやりとりをして、将来的なILC建設に向けた技術協力や連携へと結びつけるきっかけにもしようと企画した。一般の県民の方々にもご覧になっていただき、最先端の技術を用いて造られるILCに興味を持ってもらえたら」と話す。
 入場無料で、時間は午前10時から午後4時まで。8日はパネル展示のみとなる。
写真=加速器関連産業が集まった企業展示会(盛岡市のアイーナ)
投稿者 : 
tanko 2016-12-7 10:30
 奥州市江刺区東部を含む北上山地が有力候補地となっている、国際リニアコライダー(ILC)の誘致実現の機運を高める県民集会「ILCシンポジウムin岩手」は6日、盛岡市愛宕町の盛岡中央公民館で開かれた。パネルディスカッションでは、奥州市の小沢昌記市長ら候補地の地元自治体首長らが、ILCを通じた地域社会の未来像について意見交換。小沢市長は、地域の魅力ある資源や天文研究施設が立地し科学的な風土が根付く市の特色をアピール。「サイエンス・ファースト」の意識を持ってまちづくりに臨む必要があることを強調した。
(児玉直人)

 岩手県ILC推進協議会(谷村邦久会長)と、東北PPP(公民連携)推進連絡協議会が主催。盛岡市内では5日からILCに関連した大規模な国際会議「リニアコライダー・ワークショップ(LCWS)2016」が開かれており、会議期間中に地元の熱意を全国や世界に発信しようと、LCWSの関連行事に位置付け実施した。
 集会には300人余りが出席した。前半は県立大学の鈴木厚人学長がILC計画の現状と地域に対するインパクトについて講演。
 続くパネルディスカッションでは、小沢奥州市長のほか勝部修・一関市長、佐藤光彦・盛岡市副市長、赤川郁夫・宮城県気仙沼市副市長、大平尚・岩手県政策地域部長が登壇。東北大・岩手大客員教授の吉岡正和氏が司会を務めた。
 小沢市長は、奥州市の魅力ある食や祭り、歴史文化に加え「緯度観測所の時代から100年の歴史を誇る国立天文台水沢VLBI観測所がある」と紹介。こうした風土を生かし、ILCを迎え入れるまちづくりを進める上で必要な視点として「サイエンス・ファースト」の重要性を強調した。
 「サイエンス・ファースト」は、5日のLCWS2016全体会議でILC国会議連会長の河村建夫衆院議員が用いた言葉。小沢市長は「例えば、研究者のためにIT環境を充実させることは、市民の利便性向上にもつながる。このような取り組みは、今から始めてもよい」との考えを示した。
 同じく候補地の地元首長である勝部一関市長は、農業振興や世界遺産・平泉などの文化資源とILCをどう生かすのか「周辺地域も含めて戦略を練る必要がある」と主張。「何から先に手をつけるか、進展状況を見極めながら進めないといけないが、もうILCを待っている状況から脱却し、物事を進めなければいけない」と述べた。
 盛岡市の佐藤副市長や気仙沼市の赤川副市長も、それぞれの地域が持つ強み、特色をアピールしながらILC実現に向けた取り組みへ動きだす必要性を強調した。

写真=ILCとまちづくりについて意見を述べる小沢昌記奥州市長(中央)
投稿者 : 
tanko 2016-12-6 10:40
 LCWS2016の全体会議には、超党派の国会議員で結成するリニアコライダー国際研究所建設推進議員連盟(ILC議連)の河村建夫会長(衆院山口3区)も参加し、基調講演。イギリスのEU離脱やアメリカ大統領選など、世界的にみられる「自国優先主義」の風潮を取り上げながら、科学が国際融和の役割を果たすべきだと強調した。
 同日のLCWS全体会議で報道陣に公開されたのは、冒頭の達増拓也知事による歓迎スピーチまで。河村氏はじめ高エネルギー加速器研究機構(KEK)の山内正則機構長、LCCのリン・エバンス最高責任者らの講演は非公開の扱いだった。
 河村氏は自身のインターネット交流サイト「フェイスブック」で講演の概要を明らかにし、日米政府間での共同作業の状況などを報告したという。世界各地で自国優先主義の傾向が強まっていることにも触れ「日本こそ科学をもとにした世界融和の役割を果たすべきだ。日本から『サイエンス・ファースト』というメッセージを発信していこう」などと呼び掛けた。
 河村氏はフェイスブック内で「日本が『サイエンス・ファースト』を合言葉に、世界を科学でつないでいく。その象徴の一つが、国際リニアコライダーだ」と訴えている。

当ホームページに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての著作権は胆江日日新聞社に帰属します。
〒023-0042 岩手県奥州市水沢区柳町8 TEL:0197-24-2244 FAX:0197-24-1281

ページの先頭へ移動