人類史上初ブラックホール撮影に貢献した国立天文台水沢VLBI観測所は、120年の歴史を誇り今もなお世界とつながっている観測拠点。奥州市西部が候補地となっている国際リニアコライダー(ILC)の話題とともに、岩手県奥州市、金ケ崎町における科学やそれに関連する地域の話題(行政・産業経済・教育・まちづくり・国際交流など)を随時アップしていきます。(記事配信=株式会社胆江日日新聞社)

前向きな受け止め歓迎(ILC研究者側会見受け、小沢市長らコメント)

投稿者 : 
tanko 2019-3-9 11:00
 国際リニアコライダー(ILC)に対する文部科学省の見解を受け、関係する国際研究者組織の代表らが、現状を見据える形でILC計画実現に向けた取り組みを継続するとしたことについて、小沢昌記・奥州市長と奥州市議会ILC議連の渡辺忠会長は8日、それぞれコメントを発表した。
 小沢市長は「政府がILC計画に関心を示したのは初めてのこと。これを受け、研究者側も前向きに受け止めたと認識している。市では両見解を歓迎し、国際的な議論が進展し、日本政府の誘致表明を大いに期待する」とした。
 渡辺会長も歓迎の意を示しながら、大型施設計画等に関するマスタープランを策定する日本学術会議の動向に注視したいとコメント。「今後も市当局と歩調を合わせ、近隣市町村議会とも連携しながら誘致推進に取り組んでいきたい」と述べた。

東北ILC推進協議会の高橋宏明代表もコメント
 文部科学省がILC計画について国際的な意見交換、すなわち国際協議の継続を表明したことは心強い。これはILC計画の推進にとって着実な前進である。
 とりわけILC計画の立地地域への効果について言及されたことは、東北の皆さまのご支援ご協力があったからこそと思う。
 東北ILC推進協議会は、引き続き全国の関係組織と連携し、ILCの地域受け入れ準備を進めていく。また、積極的に国際協議に協力し、真にILCの日本誘致が実現するよう取り組んで参りたい。
トラックバックpingアドレス http://ilc.tankonews.jp/modules/d3blog/tb.php?834

当ホームページに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての著作権は胆江日日新聞社に帰属します。
〒023-0042 岩手県奥州市水沢柳町8 TEL:0197-24-2244 FAX:0197-24-1281

ページの先頭へ移動