人類史上初ブラックホール撮影に貢献した国立天文台水沢VLBI観測所は、120年の歴史を誇り今もなお世界とつながっている観測拠点。奥州市西部が候補地となっている国際リニアコライダー(ILC)の話題とともに、岩手県奥州市、金ケ崎町における科学やそれに関連する地域の話題(行政・産業経済・教育・まちづくり・国際交流など)を随時アップしていきます。(記事配信=株式会社胆江日日新聞社)

冬の子ども美術館 秀作絵画101点 ILC作品も(水沢)

投稿者 : 
tanko 2018-1-7 10:40
 第25回冬の子ども美術館の作品展示は6日から10日まで、水沢区佐倉河の胆江地区勤労者教育文化センターで開かれた。胆江の小中学生たちが描いた通学路の風景画や自画像など、多彩な作品を展示した。
 市と同美術館運営審議会(会長・木村徹前沢小学校校長)が主催。児童生徒たちが描いた絵画の中から厳選し、101点を展示した。
 仲間たちと勉強したり遊んだりして過ごす学びやや通学路の風景、想像・物語の世界などを自由な発想で描写。中学生たちは自画像やスケッチ、心象風景など多感な心の内を表現している。北上山地が有力候補地となっている国際リニアコライダー(ILC)への期待を込めた絵画もあり、一人一人の個性を画用紙から伝えた。

写真=胆江地区の児童生徒たちの力作が並んだ冬の子ども美術館
トラックバックpingアドレス http://ilc.tankonews.jp/modules/d3blog/tb.php?669

当ホームページに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての著作権は胆江日日新聞社に帰属します。
〒023-0042 岩手県奥州市水沢柳町8 TEL:0197-24-2244 FAX:0197-24-1281

ページの先頭へ移動