岩手県奥州市・金ケ崎町をエリアとした地域新聞社による国際リニアコライダー(ILC)関連記事を掲載。 奥州市東部の北上山地は、現時点における世界唯一のILC候補地に選定されました。当サイトにはILCをはじめ、理系分野やILCに関連性のある地域の話題(行政・産業経済・教育・まちづくり・国際交流など)についての記事を随時アップします。

米本土に刻まれる「MIZUSAWA」 ゲイザースバーグ緯度観測所の写真寄贈

投稿者 : 
tanko 2017-10-9 12:20
 旧水沢緯度観測所(現・国立天文台水沢VLBI観測所)とともに、国際緯度観測事業(ILS)の観測点だった米国メリーランド州ゲイザースバーグ市の「ゲイザースバーグ緯度観測所」の写真が8日、同VLBI観測所と奥州宇宙遊学館に寄贈された。寄贈したのは、ゲイザースバーグ市近くのモンゴメリービレッジに住むトーマス・ラッカーズさん(62)。来日の機会に合わせ、水沢の関係者に直接写真を届けた。公園として保存されている観測所跡地の通路には「MIZUSAWA」の文字が刻まれており、国際協力の下、観測が行われていたことを今に伝えている。
(児玉直人)

 ILSは北緯39度08分上に観測所を設け、地球の自転によって生じる緯度変化を調べる研究事業。世界4カ国、全6地点に、ほぼ同一仕様の観測施設と装置を設置した。
 ゲイザースバーグ市は、ワシントンDCの北西約30kmに位置。1899年に緯度観測が始まり、第1次、第2次大戦中を除き1982年まで観測が続けられた。その後、ゲイザースバーグ市唯一の国定歴史建造物に指定された。
 観測小屋へ続く通路の中心部には赤い石畳が敷かれ、北緯39度08分の線を表現。その両側には、他の観測所の所在地などが刻まれており「MIZUSAWA JAPAN」の文字もある。
 宇宙航空関連の企業に勤めた経験を持つトーマスさんは、弓道や日本の鉄道に関心がある親日家。所属する鉄道模型サークル「ジャパン・レイルモデラーズ・オブ・ワシントンDC(JRM)」は、水沢区を拠点に活動している「岩手鉄道模型仲間の会」(佐藤徳代会長)と姉妹クラブ関係にある。
 2年前、同仲間の会会員と交流するため初来日。その際、宇宙遊学館やVLBI観測所内を見学したが、ゲイザースバーグ観測所の説明文を見つけ、自宅近くに跡地があることを初めて知った。
 娘のテレサさん(32)と共に、2度目の来日を果たしたトーマスさんは、遊学館指定管理者であるNPO法人イーハトーブ宇宙実践センターの大江昌嗣理事長と、VLBI観測所の亀谷收助教に写真を手渡した。
 トーマスさんは「2年前に水沢を訪れるまで、ゲイザースバーグに緯度観測所があったことすら知らなかった。私にとって新しい良い出会いとなった」と感慨深げ。
 大江理事長は「公園として奇麗に保存し、そこに水沢の名が刻まれていることに敬意を表したい。互いの都市の友好関係に発展していけばすばらしい」。亀谷助教も「2年後には緯度観測120周年を迎えるので、このような情報や話題を共有できれば」と話していた。
 寄贈された写真は、遊学館と木村栄記念館にそれぞれ展示する方針だ。

写真上=トーマス・ラッカーズさん(右)から写真の寄贈を受ける大江理事長(中)と亀谷助教
写真下=ゲイザースバーグ緯度観測所跡地に刻まれている「MIZUSAWA」の文字
トラックバックpingアドレス http://ilc.tankonews.jp/modules/d3blog/tb.php?635

当ホームページに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての著作権は胆江日日新聞社に帰属します。
〒023-0042 岩手県奥州市水沢区柳町8 TEL:0197-24-2244 FAX:0197-24-1281

ページの先頭へ移動