人類史上初ブラックホール撮影に貢献した国立天文台水沢VLBI観測所は、120年の歴史を誇り今もなお世界とつながっている観測拠点。奥州市東部が候補地となっている国際リニアコライダー(ILC)の話題とともに、岩手県奥州市、金ケ崎町における科学やそれに関連する地域の話題(行政・産業経済・教育・まちづくり・国際交流など)を随時アップしていきます。(記事配信=株式会社胆江日日新聞社)

施策の柱にILC誘致など(奥州市新年交賀会で小沢市長)

投稿者 : 
tanko 2013-1-5 18:50
 2013(平成25)年市民新年交賀会は4日、水沢区佐倉河のプラザイン水沢で開かれ、出席した農商工団体や市議会議員、市民ら約250人がこの一年の飛躍を誓った。席上、市勢功労に選ばれた4人に表彰状を贈り、交通安全や教育など各分野での功績をたたえた。
 あいさつで小沢昌記市長は、今年の施策の柱に▽協働のまちづくり▽行財政改革▽国際リニアコライダー(ILC)の北上高地誘致――の3点を挙げ、「市政発展に渾身の力を尽くしていく。市民の一層の協力を心からお願いする」と述べた。
 また小沢市長は市勢功労者に対し「卓越した手腕をいかんなく発揮され、非常に困難な社会、経済情勢の中にありながら市勢の発展に尽力をいただいた」と感謝した。
 表彰を受けた4人を代表し、元市教育委員長の千葉啓一さん(73)=衣川区瀬原=は「この表彰を大きな糧とし、地域発展に微力ながら尽くしていかなければならないと思っている」と謝辞を述べた。
トラックバックpingアドレス http://ilc.tankonews.jp/modules/d3blog/tb.php?22

当ホームページに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての著作権は胆江日日新聞社に帰属します。
〒023-0042 岩手県奥州市水沢柳町8 TEL:0197-24-2244 FAX:0197-24-1281

ページの先頭へ移動