人類史上初ブラックホール撮影に貢献した国立天文台水沢VLBI観測所は、120年の歴史を誇り今もなお世界とつながっている観測拠点。奥州市東部が候補地となっている国際リニアコライダー(ILC)の話題とともに、岩手県奥州市、金ケ崎町における科学やそれに関連する地域の話題(行政・産業経済・教育・まちづくり・国際交流など)を随時アップしていきます。(記事配信=株式会社胆江日日新聞社)
投稿者 : 
tanko 2020-3-10 14:30

写真=新型コロナウイルス感染防止のため臨時休館している木村栄記念館(水沢星ガ丘町)

 新型コロナウイルスの感染拡大防止を目的とした中国、韓国からの入国制限が9日から始まった。両国とは政治、経済、文化のほか、学術分野でも連携や交流がある。水沢星ガ丘町の国立天文台水沢VLBI観測所(本間希樹所長)は、日中韓の電波望遠鏡を連動させ天体観測を行うプロジェクトに参加。望遠鏡は遠隔操作しているため、新型コロナによる観測業務への影響は今のところないという。一方、敷地内の一般見学可能な施設のうち、木村栄記念館は17日まで臨時休館している。
(児玉直人)

 同観測所は複数の電波望遠鏡を連動操作し一つの天体を観測する「VLBI(超長基線電波干渉計)」という手法を用い、研究事業を展開している。2018(平成30)年からは、同観測所を含む国内4カ所に同一仕様の口径20m電波望遠鏡のほか、中韓両国の観測施設も連動させる「東アジアVLBIネットワーク(EAVN)」が本格始動している。
 通信回線を利用し遠隔操作しており、メンテナンスなどは現地スタッフが対応しているため、基本的に人の移動が伴わない。同観測所広報担当の小沢友彦・特任専門員は「今の時点で通常の観測に支障はない」としている。
 一方で、3月は研究会や学会が集中するシーズン。同観測所勤務の研究者が参加する予定だった学会等は軒並み中止や延期となり、出張取りやめの件数はかなりある。
 敷地内の一部見学施設も感染予防のため閉鎖。天文台が管理する木村栄(きむら・ひさし)記念館は、今月3日から17日まで臨時休館。感染拡大の状況によっては、期間を延長する可能性もある。
 屋外にある電波望遠鏡のほか、奥州市所有でNPO法人奥州宇宙遊学館が管理する奥州宇宙遊学館(中東重雄館長)は見学できる。ただし、4次元宇宙シアターの上映は今月16日まで休止しているほか、14日の星空観望会は中止。22日に予定していた小学生向け講座「サンデースクール」は延期とした。
 小中学校が休校中で、一部公共施設が閉鎖している中、数少ない開館施設である遊学館には県内外からわざわざ足を運ぶ人も。同館スタッフは「手指消毒をしてもらうなど、感染防止に努めてもらいながら展示室などを見学していただいている」と話している。
投稿者 : 
tanko 2020-3-9 10:10

後藤新平肖像(金ケ崎町出身・柴田直見氏作)

 新型コロナウイルス感染症のニュースが連日伝えられる中、水沢出身の政治家で医師でもあった後藤新平(1857〜1929)の功績に再び熱視線が注がれている。日清戦争直後、中国大陸から帰還する数多くの日本兵への「大検疫事業」の命を受けた新平は、不眠不休でリーダーシップを発揮したと言われている。間もなく9年を迎える東日本大震災の復興の在り方に関する議論や主張などでも、関東大震災(1923年)後の帝都復興計画を立案した新平の仕事ぶりが取り上げられた。国家的な危機に伴って再評価されるという“皮肉さ”はあるものの、新平のような手腕を発揮する人材の登場を待望する声は少なくない。
(児玉直人)

 新平が生涯残した功績は多岐に及ぶが、最近注目されているのが125年前に実施された日清戦帰還兵の大検疫事業だ。
 当時、戦地となった中国大陸ではコレラなどの感染症がまん延。コレラは感染力が強く、大勢の兵士をそのまま帰還させれば、国内で大流行を招くと懸念された。
 そこで大陸への出征・帰還玄関口だった広島港付近などの島に、大規模な検疫所を設ける構想が浮上。陣頭指揮を執ったのが新平だった。臨時陸軍検疫部事務局長として、似島(広島県)、桜島(大阪府)、彦島(山口県)に検疫所を整備。このうち広島港から5kmほど離れた似島検疫所は、わずか2カ月で完成させた。
 新平は施設建設とともに、検疫作業の流れなども確立。罹患者の隔離と治療はもちろんだが、衣服や所持品にも目を光らせた。たとえ健康であっても、衣服などにコレラ菌が付着している可能性も拭えず、必ず消毒液が入った風呂に入り、持ち物は全て蒸気かホルマリンで消毒、もしくは焼却処分する徹底ぶりだった。


写真=後藤新平記念館が所蔵する似島検疫所の全景写真

 現在、似島には建物の基礎部分などが遺構として残る。検疫所の敷地だった場所には新平の銅像もあるという。
 水沢大手町の後藤新平記念館(佐藤彰博館長)には、検疫事業に関連した資料や当時の記録をまとめた書籍などがある。同館の佐々木菖子・学芸調査員は「公衆衛生や予防医学といった西洋の知識を愛知県医学校時代に師匠のアルブレヒト・フォン・ローレツ医師から学んでいたことが、のちに大検疫事業という形で生かされたと思う」と話す。
 新平の検疫事業における功績が注目され始めたのは、インターネットのニュースサイトで2月中旬ごろに取り上げられてから。その後、ラジオの全国番組や県内の民放テレビ局でも紹介。会員制交流サイト(SNS)などを通じて、さらに広く知られるようになった。SNSの利用者の中には、新型コロナに関する対策の混乱ぶりを嘆くかのように「令和の後藤新平はいないのか」といった趣旨のコメントを書き込む人も。
 当時と今とでは、国内の衛生環境や医療技術、政治・行政の仕組み、人権などに関する考え方も異なる。似島などでの大検疫事業と今回の新型コロナ対応を一概に比較することはできないものの、状況を的確に把握し必要な手だてをスピーディーに講じていく新平の仕事ぶりにあらためて共感した人は多いようだ。
投稿者 : 
tanko 2020-2-27 12:10
 北上山地が有力候補地になっている「国際リニアコライダー(ILC)」の実現に向け、国内外の素粒子物理学研究者らは、建設準備段階への移行を図る国際推進チームを設立する見通しだ。茨城県つくば市の高エネルギー加速器研究機構(KEK、山内正則機構長)が中心となり、1年かけて準備段階で行うべき作業の計画を策定する。国際将来加速器委員会(ICFA)は「活動完了時点で日本が準備段階へ進む意思を示し、国際パートナーも同意すれば、準備段階の取り組みを開始できる」としている。
(児玉直人)

 ICFAは日本時間の今月21日から23日まで、米カリフォルニア州で国際会議を開催。文部科学省の増子宏担当審議官が2度目となる政府見解を示したほか、超党派国会議員で結成するリニアコライダー国際研究所建設推進議員連盟(ILC議連)の河村建夫会長(衆院山口3区)も出席し、発言したという。
 ICFAは会議最終日に声明を発表。文科省や河村会長の報告、発言などに基づいてまとめたという。冒頭に「増子氏、河村氏からの報告に力づけられた」と記した上で、(1)日本にILCがタイムリーに建設されることを望む(2)日本、米国、欧州諸国間の政府間での意見交換が行われていることを評価しており歓迎する(3)ILC研究所の設立や日本での建設に先立っては、準備段階が必要(4)準備段階への移行を促進する国際推進チーム設立を奨励する(5)ICFAはILCに関心を持つ研究者や研究所、国に対し準備活動の支援と参加を奨励する――の5項目を掲げた。
 推進チームについては▽KEKが中心となり、リーダーはICFAの支援のもと選出される▽チームは技術、組織、ガバナンス(統治)に関する課題を含むILC建設準備段階の計画を策定する▽準備段階で必要な活動とリソース(資源)を明らかにする▽活動は1年で完了すると見込んでおり、その時点で日本が準備段階へ進むとの意思表示を行い、国際パートナーも同意すれば準備段階の開始が可能になる――との方向性も示した。
 ICFAによる声明の原文と日本語訳は、KEKホームページで閲覧できる。
投稿者 : 
tanko 2020-2-25 17:20

写真=奥州宇宙遊学館で行われたNHK「子ども科学電話相談」の公開生放送

 NHKラジオ第1の人気番組「子ども科学電話相談」の公開生放送が24日、水沢星ガ丘町の奥州宇宙遊学館(中東重雄館長)で行われた。天文学に関する子どもたちの素朴かつ鋭い疑問に対し、解説の研究者たちが頭を悩ます場面もあり、終始和やかな雰囲気で進められた。
 同番組の天文分野レギュラー解説者を、国立天文台水沢VLBI観測所の本間希樹所長が務めている縁で実現。観測所敷地内にある同遊学館2階セミナー室には、日本宇宙少年団水沢Z分団(亀谷收分団長)の団員や、市立水沢南小学校の児童のほか、番組公開を聞きつけた一般市民ら総勢118人が集まった。
 解説は本間所長、同観測所の田崎文得特任研究員、同天文台RISE月惑星探査プロジェクトの竝木則行プロジェクト長、同天文台名誉教授でNPO法人イーハトーブ宇宙実践センターの大江昌嗣理事長が務めた。
 子どもたちからは「ブラックホールは宇宙にあるものを全部吸い込んだりしないのか」「小惑星探査機の『はやぶさ2』の後継機にはどんな装置を付けてみたいか」などさまざまな質問が寄せられた。田崎特任研究員は「ブラックホールの吸い込む力は近くにあるものに対して働く。地球や太陽の近くにはブラックホールは発見されていないので、安心してください」と笑顔で回答。「はやぶさ2」に搭載しているレーザー高度計の開発に携わった竝木室長は、「今は小惑星表面部分のサンプルを持ち帰っているが、今後は小惑星の深い所、中身の様子を調べられるようになれば」と答えていた。
 「オリオン座の1等星『ベテルギウス』が爆発すると言われているが、僕が生きている間に見られますか」というユニークな質問も。本間所長は「超新星爆発というのが起きると言われ、多くの天文学者が待ち望んでいる。昼間でも見えるくらい、明るく輝くと言われているが、問題はいつ爆発するかが分からない点。あしたかもしれないし、何百年後かもしれない。ぜひ見られればいいですね」と夢を与えた。
 公開生放送実施に際し番組側は、新型コロナウイルス等の感染防止のため、子どもたちや観覧の市民をはじめ、本間所長ら解説者、番組スタッフ全員にマスク着用と手の消毒を徹底させた。
 番組の様子はNHKのインターネットサイト「らじるらじる・聴き逃し」コーナーで2カ月程度、聴くことができる。
投稿者 : 
tanko 2020-2-23 17:20
 NHKラジオ第1の人気番組「子ども科学電話相談」が、24日午後0時半から同3時55分にかけ、水沢星ガ丘町の奥州宇宙遊学館(中東重雄館長)から公開生放送される。同遊学館がある国立天文台水沢VLBI観測所の本間希樹所長が、同番組のレギュラー解説者になっている縁などから実現。当日は、同館に集まった地元の子どもたちの宇宙や天文にまつわる質問に、本間所長ら同天文台関係者が答える。

 同番組は、1984(昭和59)年にスタートした「夏休み子ども科学電話相談」が前身。幅広い科学分野を対象に、子どもたちの素朴な疑問や夏休みの自由研究に役立つヒントを各分野の専門家が回答してきた。昨年4月から、毎週日曜日午前10時5分からの2時間番組にレギュラー化している。
 今回の公開生放送は、「国立天文台水沢・宇宙遊学館スペシャル」と銘打ち、約3時間半にわたるスペシャル版として制作される。
 番組担当者によると、天文・宇宙は恐竜と並び子どもたちの関心が特に高いジャンル。本間所長ら同観測所関係者が携わったブラックホールの撮影成功といったタイムリーな話題も、企画を後押しする要因になったようだ。
 通常の番組では、子どもたちが電話で質問し、専門家が答える流れだが、今回は電話質問は受け付けない。日本宇宙少年団水沢Z分団(亀谷收分団長)と市立水沢南小学校の児童ら合わせて約30人が番組に参加し、あらかじめ募った質問に答えるスタイルとなる。番組の流れによっては、生放送観覧に訪れた一般の子どもたちから質問を受け付ける場合もありそうだ。
 回答者として本間所長のほか、同観測所の田崎文得特任研究員、同天文台RISE月惑星探査プロジェクトの竝木則行プロジェクト長、同天文台名誉教授でNPO法人イーハトーブ宇宙実践センターの大江昌嗣理事長も出演する。
 番組観覧は子どもたちを中心に誰でもできるが、新型コロナウイルスをはじめとする感染症を防止する観点から、会場では必ずマスクを着用し、手の消毒もしてもらう。番組担当者は「体調が少しでも思わしくない人は観覧を控え、自宅等でラジオを聴いて楽しんでほしい」と呼び掛けている。
投稿者 : 
tanko 2020-2-22 11:10
 北上山地が有力候補地となっている素粒子実験施設「国際リニアコライダー(ILC)」について、推進派の研究者サイドは文部科学省が策定する「学術研究の大型プロジェクトの推進に関する基本構想(ロードマップ2020)」に選定されるための書面審査に臨む見通しだ。日本時間21日、米国で行われているILC関連の国際会議で、文部科学省側がロードマップの審査対象であることを報告した。日本学術会議(山極寿一会長)の「学術の大型施設計画・大規模研究計画に関するマスタープラン(マスタープラン2020)」の策定作業の中で、ILC計画が「重点大型研究計画」を決めるための必要条件のヒアリングを受けていたことによる。ただ、過去の例を見ると、ロードマップ掲載計画は10件にも満たない上、重点計画と比べ審査要件のハードルも高く設定されている。
(児玉直人)

 ロードマップは、広範な研究分野コミュニティーの意向を踏まえながら、大型プロジェクトの優先度を明らかにするもの。学術会議マスタープランと同様、3年ごとに策定している。
 ロードマップに掲載される計画は、マスタープランで「速やかに実施べきだ」と位置付けられた重点大型研究計画の中から選ばれてきた。しかし、前回(2017年)策定のロードマップからは、重点計画からの選定を基本としつつ、重点計画選定時のヒアリングを受け選外となった計画も申請できるように改定された。
 マスタープラン2020で、重点計画に選ばれたのは31件。ILCのように、ヒアリングを受けながらも選定から外れた計画は28件ある。
 ロードマップにかかる審査や策定作業は、文科省科学技術・学術審議会の中に設置される「学術研究の大型プロジェクトに関する作業部会」が担当。大学教授ら専門家を委員とするメンバーが、書面審査とヒアリング審査によって掲載計画を決める。書面審査でヒアリング審査を行う計画を30件以内に絞り込む。ロードマップに掲載される計画数の目安は示されていないが、前回策定時は、ヒアリング対象は20件で、最終的に7計画が掲載された。
 書面審査は、3月に3週間程度の期間を設け実施。▽学術的意義▽妥当性▽戦略性▽緊急性▽社会や国民からの支持――など八つの観点ごとに▽A…基準を十分に満たしている▽B…基準をおおむね満たしている▽C…不十分な点がある――の3段階で評価する。
 このうち、社会や国民からの支持については、具体的に「計画の意義・必要性について説得力をもって説明することができるか」「長期間にわたり巨額の国費を投入することについて、社会や国民に支持していただけるか」「地域社会の行政および住民との信頼関係が構築されているか」をチェックする。
 観点別評価を踏まえ、総合評価として▽A…ヒアリング対象とする▽B…ヒアリング対象としない――の評定を付す。4月上旬までに開く合議審議で〜躪臧床腺舛琉儖の割合が高い観点別評価でC評価がない――を条件に、ヒアリング対象を選定する。
 マスタープラン重点計画も、ILCのような重点計画以外の計画についても、同じ評価観点で審査する。ただし、重点計画以外の計画は「特段に優れているかどうか」がポイントとなる。また合議審議では「総合評価Aの委員割合が50%以上で、他計画と比べ顕著に割合が高いこと」などとされており、選定基準のハードルが高くなっている。
 日本時間の2月21日、米国で開催されているILC関連の国際会議「国際将来加速器委員会(ICFA)」で、出席要請を受けた文科省は昨年3月以来となる公式の政府見解を発表。マスタープラン重点計画のヒアリング対象だったILC計画が、ロードマップ審査を受けられる要件を満たしていることを報告した。
 同日の奥州市議会2月定例会一般質問では、佐藤郁夫氏が「重点計画には入らなかったが、ロードマップ申請の権利は確保されたことは大きい」とし、今後の市当局の誘致活動の考えをただした。
 小沢昌記市長は「全体として着実に前進していると思う。今後は財政面も含め、国際協議という次の段階に進むだろうが、関係団体と連携を密接にして実現に向け取り組みたい」と述べた。
投稿者 : 
tanko 2020-2-22 11:10
 文部科学省は21日、米国カリフォルニア州で開かれている国際リニアコライダー(ILC)関連の国際会議「国際将来加速器委員会(ICFA)」で、ILCを取り巻く直近の動向を発表した。今月、日英独仏の政府機関による初の意見交換で、英独仏側からILCに参加する資金的余力がないとする現状報告があったことを明らかにした。
 ICFAは、高エネルギー物理学界で影響力のある世界主要加速器研究所の所長や研究者の代表らで構成する組織。文科省は昨年3月、東京大で開かれたICFAなどによる国際会議の場で、ILC計画に対する政府初の公式見解を表明しており、今回は2度目の表明となる。
 文科省研究振興局によると、ICFA側からの依頼を受け増子宏審議官(研究振興局・高等教育政策連携担当)を現地に派遣。日本学術会議マスタープラン2020でのILCの位置付けや、欧米政府機関との意見交換の状況などについて報告した。
 英ビジネス・エネルギー・産業戦略省、独教育省、仏高等教育・研究・イノベーション省との協議の中で文科省は、マスタープランや文科省で策定するロードマップについて説明。英独仏からは「さまざまな国際・国内のプロジェクトを抱えており、現時点でILC計画に参加する資金的余力はない」との報告があったという。
 まとめでは「引き続き昨年3月に示した見解に沿って、関心を持って欧米との意見交換を実施する」と述べた。
投稿者 : 
tanko 2020-2-11 18:30

写真=子どもに人気だった宝さがし

 第10回雪の不思議フェスティバル(NPO法人イーハトーブ宇宙実践センターと奥州宇宙遊学館主催)が9日、水沢星ガ丘町の同館で開かれた。今年は暖冬で雪が少ないことからイベントの見直しが心配されたが、先週の寒波による積雪で予定通り開催された。多くの家族連れが足を運び、雪の結晶撮影コーナーや雪の滑り台など多彩な企画で雪を満喫した。
 雪を身近な存在として楽しみ、科学的視点で冬を楽しんでもらおうと企画。雪に関する実験や工作、映画観賞が繰り広げられた。2020(令和2)年度奥州水沢25歳厄年連琉子幻(りゅうしげん)が運営を手伝い、創作演舞も披露した。
 毎年子どもたちの人気を集める「宝さがし」には、約100人が参加。館外に集合した子どもたちは、琉子幻のメンバーとじゃんけんで対戦し、勝った子から雪の中のカプセルを探し出しゴールまで駆け抜けた。
 市立水沢南小1年の小野聡太君(7)=水沢桜屋敷=は、会社員の父・典海(よしみ)さん(42)と妹のはな佳ちゃん(4)と来場。「宝さがしで景品でうちわをもらった」とうれしそうにしていた。
 館内では、ストローにひもを通して作る星形のオーナメントづくり体験コーナーなどを設置。一関市立猿沢小5年の大島珠妃(たまき)さん(11)は「一直線のストローが星形になるのが不思議」と関心を示していた。
投稿者 : 
tanko 2020-2-9 18:30

写真=ビデオメッセージの形で出演したピーター・ヒッグス氏(左)

 【東京=児玉直人】あらゆる物質に質量を与えている素粒子「ヒッグス粒子」の存在を予言したイギリスの理論物理学者ピーター・ヒッグス博士は8日、東京大学伊藤謝恩ホール=東京都文京区=で開かれた国際リニアコライダー(ILC)推進国際シンポジウムにビデオ出演し、日本がリードするILCに期待を寄せた。
 シンポジウムは、高エネルギー加速器研究機構(KEK)などが共催。ヒッグス博士は、現在検討されている四つの計画の中で「ILCは日本がリードする立場となっている計画。経済的に負担を強いられると思われがちだが、地元経済にも効果をもたらすだろう」と述べた。
 同シンポジウムは、日本学術会議が「学術の大型施設計画・大規模研究計画に関するマスタープラン」を策定後、最初に開かれた公開型のPR企画。同プランでILCは、速やかに実施すべき「重点大型研究計画」に位置付けられなかった。シンポジウムでは、登壇者が同プランについて触れる場面はなかった。
投稿者 : 
tanko 2020-2-8 19:00
 奥州市内の書店でよく売れている本がある。「国立天文台教授が教えるブラックホールってすごいやつ」。著者はもちろん、時の人である本間希樹教授。昨年、世界中の人々に驚嘆と感動を与えたブラックホールの写真撮影に中心的な役割を果たした国立天文台水沢VLBI観測所の所長さんである。
 正体不明の宇宙について、子どもたちでも理解できるよう分かりやすく、まんがを挿入しながら説明している。文科系の老人でも理解しやすく、一気に読み終えた。
 美しい地球は、偶然に偶然が重なり、奇跡的に生命が宿る惑星になったという。もし、太陽のサイズが今の2倍であったなら、燃え尽きてしまい、人類は誕生しなかったそうだ。
 6600万年前にメキシコのユカタン半島に直径10km程度の隕石が衝突し、チリが地球を覆い、太陽の光を遮った。植物は枯れ、恐竜は絶滅した。隕石の到来があと10分遅れていたなら、地球に衝突せず、恐竜の繁栄が続いていたという。
 そのうちに、天の川銀河とアンドロメダ銀河は合体するとか、少年少女がわくわくする話が満載。
 こういう本に身近に出会える奥州の子どもたちは幸せである。この本に感銘し、近い将来、第2の本間教授が現れるように願う。
 読後、興奮が収まらず、今春小学校に入学する孫にもう1冊購入し、東京に送った。孫の前に、車のエンジン設計に携わっている父親のほうが夢中に読みふけるような気がする。
投稿者=高橋健栄さん(70)、奥州市水沢佐倉河

当ホームページに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての著作権は胆江日日新聞社に帰属します。
〒023-0042 岩手県奥州市水沢柳町8 TEL:0197-24-2244 FAX:0197-24-1281

ページの先頭へ移動