人類史上初ブラックホール撮影に貢献した国立天文台水沢VLBI観測所は、120年の歴史を誇り今もなお世界とつながっている観測拠点。奥州市東部が候補地となっている国際リニアコライダー(ILC)の話題とともに、岩手県奥州市、金ケ崎町における科学やそれに関連する地域の話題(行政・産業経済・教育・まちづくり・国際交流など)を随時アップしていきます。(記事配信=株式会社胆江日日新聞社)
投稿者 : 
tanko 2020-5-11 11:20
 文部科学省が策定する「学術研究の大型プロジェクトの推進に関する基本構想(ロードマップ2020)」は、新型コロナウイルス感染症の影響で、公表時期が見通せない状況にある。書面審査の段階で作業が中断。ヒアリング審査対象の決定から先に進んでいない。ロードマップ掲載計画の選定審査には、北上山地が有力候補地となっている「国際リニアコライダー(ILC)」も応募している。同省研究振興局学術機関課は、全体スケジュールを設定し直している。(児玉直人)

 ロードマップは、幅広い研究分野の意向を踏まえながら、大型プロジェクトの優先度を明らかにするもの。日本学術会議(山極寿一会長)が策定する「学術の大型施設計画・大規模研究計画に関するマスタープラン」と関連性があり、どちらも3年ごとに策定している。
 「ロードマップ2020」掲載計画の審査を受けられるのは、学術会議が今年1月に策定した「マスタープラン2020」で、重点計画に選ばれた31件と、重点計画選定時のヒアリング審査を受けたが選外になった28件。ILCは28件のうちの一つだ。
 ロードマップの審査は、書面とヒアリングの2段階。書面審査により、ヒアリング審査対象を30件まで絞り込む。マスタープラン2020の重点計画31件に比べ、選外の28件に対する審査要件のハードルは高く設定されている。
 文科省は2月末まで書類提出を受け付けていた。3月に入り、約3週間の期間を設け、大学教授ら専門家による書面審査を開始していた。
 しかし、時期を同じくして新型コロナが感染拡大。ヒアリング審査の対象を決める合議審議が開催できず、4月24日から26日に予定していたヒアリング審査は延期に。5月以降としていたロードマップ案の取りまとめ、意見募集(パブリックコメント)、策定・公表なども先送りとなった。
 同課は全体スケジュールを再設定中。担当者は「6日までだった緊急事態宣言が31日まで延長されたこともあり、現段階では見通しが立たない」としながら、新型コロナ感染防止を意識したヒアリングの方法も含め、検討を進めているという。
 ロードマップとともに策定動向が注目されている欧州素粒子物理学戦略(European Strategy for Particle Physics)次期計画についても、新型コロナの影響で策定・公表が延期された。当初は、5月25日にブダペストで開催される欧州合同原子核研究所(CERN)理事会の臨時会議で最終承認される予定だった。
投稿者 : 
tanko 2020-4-18 10:00
投稿者:菅原東吾(77)=一関市山目=

 素粒子実験施設・国際リニアコライダー(ILC)の誘致問題に関する本紙の記事を読んだ。昨年11月に金沢工業大学で開かれた科学技術社会論学会。水沢高校出身で、東京大学大学院の菅原風我さんの発表を取り上げていた。
 「熱狂(hype)の形成―ILC誘致の事例から」と題する研究成果だった。「期待と熱狂は地続きだ。期待通りにならなければ、誘致活動に携わっていた人たちの信頼関係を落とす。宣伝費は住民の負担……」
 よくぞ、熱狂状況に焦点を当て論じてくれたと拍手したい。本紙の解説記事にも「メディアも議会も冷静に検討すべきだ」との趣旨でまとめられていた。
 菅原さんの指導教員に対するインタビューも掲載されており、「予算が桁違いに大きいことで実現は難しい。数十年も運営する財力は日本にはない」とする発言は、極めて重要だ。
 わたしは、ILC建設に反対で、理由は主に四つである。)名綮鈎呂聾従のまま後世に引き継ぐべき大型予算投入の優先課題は、防災や減災を含む自然災害抑止にある0汰汗が不十分な地下巨大放射能生成実験装置であるぜ存浬了後の計画が不明──。
 「地下は国家の所有」というが、住民の合意がないのならば、誘致を推進すべきでないと思うのだが、どうだろう。将来、科学者になる人には、ILCを超越する安全な実験装置を発明するような研究成果を期待している。
投稿者 : 
tanko 2020-4-14 17:50

写真=酒井栄さんが撮影した水星探査機「ベピコロンボ」の軌跡(矢印部分、10日午後8時7分ごろ)

 NPO法人イーハトーブ宇宙実践センター理事の酒井栄さん(67)=水沢東大通り=はこのほど、日本とヨーロッパの水星探査機「ベピコロンボ」の撮影に挑み成功した。
 「ベピコロンボ」は、日本の宇宙航空研究開発機構(JAXA)と欧州宇宙機関(ESA)による大規模国際協力ミッション。JAXAが開発した磁気圏探査機「みお」と、ESAが開発した表面探査機「MPO」の2機を水星周回軌道に送り込む。
 2018(平成30)年10月、フランス領ギアナのギアナ宇宙センターから打ち上げ。2機の探査機は、イオンエンジンを搭載した「航行用モジュール」に合体した状態で水星を目指している。
 探査機は燃料節約のため、地球や金星、水星の重力を利用して航行する「スイングバイ」を9回繰り返す。日本時間の今月10日、1回目のスイングバイが行われた。酒井さんは、JAXAなどが呼び掛けた観測キャンペーンに参加し、見事水星を目指す「ベピコロンボ」の撮影に成功した。
 JAXAによると、探査機が水星の周回軌道に投入されるのは2025年12月の予定という。
投稿者 : 
tanko 2020-4-10 11:40

写真=植栽から8年。ようやく開花した「宇宙桜」

 水沢星ガ丘町の国立天文台水沢キャンパス敷地に8年前に植樹した「宇宙桜」が9日、開花した。同天文台水沢VLBI観測所(本間希樹所長)が運用する天文広域精測望遠鏡(VERA)の4観測局に植えられているうちの一つだったが、唯一花が咲いていなかった。
 宇宙桜は、高知県仁淀川町にある樹齢約500年の「ひょうたん桜(ウバヒガンザクラ)」の種から育てたもの。採取した種は2008年11月、スペースシャトル・エンデバー号で打ち上げられ、国際宇宙ステーション(ISS)内で保管。地球を4100周し、2009年7月に帰還した。同町は戻ってきた種を発芽させ、接ぎ木などで50本に増やした。
 その後、同町出身で沖縄県にあるVERAの「石垣局」を担当していた宮地竹史・石垣天文台副所長(当時)が仲介役となり、4局(水沢、石垣、小笠原、入来)に宇宙桜の苗木をプレゼント。水沢では2012年3月、第二東水沢保育園の年長児たちが、水沢キャンパス内の木村栄記念館前に植樹した。
 ところが水沢以外の3局は数年前から開花しているのに、つぼみすら付かない状態が続いていた。同記念館向かいにある奥州宇宙遊学館の中東重雄館長らが、地中の岩石を除去し肥料を与えたところつぼみが付き始め、8年目にして待望の開花。4局連携で運用しているVERAプロジェクト同様、観測点が桜のラインでつながった。
投稿者 : 
tanko 2020-4-9 17:50

写真=酒井栄さんが撮影したスーパームーン

 7日夜から8日明け方までの間、満月が今年一番の大きさで見える「スーパームーン」が各地で確認された。NPO法人イーハトーブ宇宙実践センター理事の酒井栄さん(67)=水沢東大通り=は、撮影したスーパームーンの写真を本紙に提供した。
 地球の周りを公転している月だが、その軌道はわずかに楕円形を描いているため、互いの距離は約40万kmから36万kmの間で変化している。スーパームーンの定義はさまざまで、名称についても国立天文台は「年間最大の満月」と呼んでいる。
 おりしもスーパームーンが見られた夜、新型コロナウイルス感染拡大防止に向けた緊急事態宣言が発令された。閉塞感漂う日はしばらく続きそうだが、許される範囲で夜空を見上げてみるのも、ちょっとした気分転換になるのでは。変わらぬ輝きを放つ星々に早期終息の「願い」が届いてほしい。
投稿者 : 
tanko 2020-4-9 11:40

写真=EHTによる観測で高解像度の画像が得られた「3C279」の超高速ジェットの姿(写真右側)。左上と左下の画像は、同時期に異なる波長で別の観測網で撮影したもの(C)J.Y. Kim (MPIfR), Boston University Blazar Program (VLBA and GMVA), and the Event Horizon Telescope Collaboration


 国立天文台水沢VLBI観測所(本間希樹所長)所属の研究者らが参加している天文学の国際研究チーム「イベント・ホライズン・テレスコープ(EHT)」は日本時間の8日、地球から50億光年離れたブラックホールから噴出する「超高速ジェット」の高解像度撮影に成功したと発表した。研究チームの一員で、同観測所の秦和弘助教は「(8台の電波望遠鏡を連動させる)EHTによる観測が、ブラックホール撮影のみならず、ジェットの解明にも極めて有効であることを示した」と成果を強調する。
 観測は2017(平成29)年4月、国立天文台がチリに設置している「アルマ望遠鏡」など、南北アメリカ大陸、ヨーロッパ、南極の6カ所8台の電波望遠鏡を連動させ実施。一つの天体を観測する「VLBI(超長基線電波干渉法)」と呼ばれる手法を用いた。
 観測対象は、おとめ座の方向にある銀河「3C279」で、中心部に太陽の約10億倍の質量を持つ超巨大ブラックホールが存在する。大量のガスが吸い込まれることで、巨大なエネルギーが超高速ジェットとして放出。極めて強い光も放っている。
 しかし、地球から50億光年も離れているため、地上からの観測ではほとんど「点」にしか見えず、ジェットの構造やどのように生成されているのかなど詳細は不明だった。
 今回の観測では、ジェットの根元部分が詳しく見ることができ、▽通常は真っすぐ伸びているジェットが少しねじれた形状をしている▽ジェットに垂直な構造が見える――ことなどが判明した。
 研究チームの一員で、超高速ジェットを研究し続けている秦助教は「地球からはるか遠くに位置するので、ジェットの根元の構造を詳しく撮影するには、これまで以上に高い視力が必要だった」と説明。今回の解像度は、月面に置かれたミカンを地球上から認識できるほどの視力に相当するという。
 EHTは今春、構成する電波望遠鏡を6カ所8台から9カ所11台に増やし、観測に入る予定だったが、新型コロナウイルスの影響で今年の作業は中止に。本間所長は「当面は、既に観測している『いて座Aスター』に潜むブラックホールの解析作業を進める」と話している。
(児玉直人)
投稿者 : 
tanko 2020-4-3 10:10
 国立天文台水沢VLBI観測所(本間希樹所長)のメイン事業VERA(天文広域精測望遠鏡)プロジェクトが、当初より2年早い今年6月で終了する見通しにあることについて、同天文台の渡部潤一副台長は2日、胆江日日新聞社の電話取材に応じ、台長裁量経費による補正措置で、6月終了から本年度いっぱいの運用に延ばす方向で模索していると述べた。同観測所の閉鎖を懸念する市民の声があることについては、「プロジェクトが変わっていくことがあっても、水沢のキャンパスを無くすというのは、話に出たことはない。水沢は非常に大事な場所だ」と強調した。
(児玉直人)

 同観測所が運用しているVERAは「銀河系の地図づくり」を進めている。銀河系の真の姿を明らかにするとともに、謎の物質「ダークマター(暗黒物質)」の解明などにも寄与する。水沢、入来(鹿児島県薩摩川内市)、小笠原(東京都小笠原村父島)、石垣(沖縄県石垣市)の4カ所に同一仕様の電波望遠鏡を設置しており、連動させることで実際に製造不可能な直径2300kmの電波望遠鏡で観測したのと同じ性能を発揮する。
 本間所長によると、プロジェクト終了と観測所予算の前年度比半減の措置が昨年12月、台長らをメンバーとする執行部から突如示され、3月26日付で正式な通知を受けた。本紙などによる一報を受け、市民からは水沢の施設閉鎖につながると心配する声があり、インターネット上では、プロジェクト終了に対して執行部の方針や、国の科学行政の在り方を批判する投稿などが相次いだ。
 渡部副台長は本紙の取材に「天文台予算は非常に逼迫しており、当初配分する予算がどうしても少なく、台長判断でこのような措置となったが、このままでは良くないと思っており、台長裁量経費で対応する考えだ。ただ、前年度決算などがまだまとまっていないため、どの程度補正できるか明確に示せていない」と述べた。
 当初配分の予算額では、6月に水沢を除く3局の運用が困難になるが、補正によって「何とか本年度いっぱいは続けられるようにしたい」と渡部副台長。しかし、当初の運用計画は2022(令和4)年度までとなっており、観測用の電波望遠鏡の耐用年数は10年以上残っている。来年度以降の方針が明確になっておらず、不安定な運営では人材の確保・育成の面にも支障がある。本間所長は「根本的な部分の解決にはなっておらず、この先も同じような問題で現場は混乱する」と危惧する。
 市民から、同観測所の閉鎖につながるのではとの懸念が出ていることについて、渡部副台長は「Z項発見の歴史があり、地域と観測所の協力関係は先進的なものがある。時代とともに、どうしてもプロジェクトの変化はあるが、そのことで水沢から研究者がいなくなり、キャンパスも無くなるということではない。執行部でも水沢を閉鎖しようという話をしたことがない」と理解を求めた。
 近く、同天文台の常田佐久台長が水沢観測所の研究者らに直接説明する予定。地元自治体などに対する説明について渡部副台長は「補正措置が決まってから、あらためてお話できれば」としている。
投稿者 : 
tanko 2020-3-28 6:30
 国立天文台(常田佐久台長)は水沢VLBI観測所(本間希樹所長)に対し、同観測所を拠点に実施しているVERA(ベラ、天文広域精測望遠鏡)プロジェクトを今年6月中旬に終了させ、2020(令和2)年度の同観測所予算も前年度の半分に大幅削減すると通知した。27日、同観測所が明らかにした。同観測所管理下の国内4観測局は、水沢を除き運用を停止。VERAを用いて研究をしていた天文台内外の科学者はもちろん、海外の天文学界に与える影響は大きい。本間所長は「日本の天文学、基礎科学の今後に関わる問題。若い人材も育たない」と指摘。「今すぐ施設が閉鎖するような話ではないが、今回のような急激な方針提示がある状況を鑑みると油断できない」としており、基礎科学研究の将来のみならず、緯度観測所時代から地域社会や文化に貢献してきた施設の存続にも危機感を募らせている。

 VERA終了と同観測所の予算半減の方針は昨年12月、台長や副台長らをメンバーとする執行部から急きょ提示された。VERAは、2022年度まで実施する計画だったため、同観測所やVERAを利用する大学などの研究機関は、方針の見直しを執行部側に求めていた。
 同天文台ホームページに示された2019年度予算は156億6436万9000円。本間所長によると、同観測所に係る予算額は例年数億円程度で、全体の1割にも満たない。その観測所予算が半減されることで、メインプロジェクトであるVERAの運用が不可能となる。
 具体的には国内4カ所に設置された直径20mの電波望遠鏡(パラボラアンテナ)は、水沢以外すべて運用を停止。機器空調など、維持管理に必要な最低限の電力供給にとどめる。
 VERAの主目的である「銀河系の地図づくり」は計画の半分以上は進んでいる。本間所長は「成果がゼロというわけではない」としながらも、プロジェクトの前倒し終了により、当初想定していた精度には届かないという。
 観測所の運用や研究に従事する人材も大幅に減る。水沢の施設内には、VLBI観測所とRISE(ライズ)月惑星探査プロジェクトが同居。研究者や技術者、事務職員を含め総勢39人が勤務しているが、今月で7人が退職するものの新たな人員の補充はない。
 水沢のアンテナは、数年前から取り組んでいる韓国や中国の電波望遠鏡を組み合わせた国際観測事業向けの運用に特化。それでも、3観測局の運用停止で従来見込んでいた性能を得られないほか、人員減による日本側の貢献度が低下するなど、VERAを足掛かりとした国際事業への影響も避けられない。 
 今後、外部資金や寄付の協力を呼び掛けながら、1台でも多くのアンテナの運用を継続できる道を模索。本間所長は「アンテナなどの装置は観測所だけでなく、研究者ひいては国民の財産。全4台が有効活用できるよう努力していく」と話している。

 VERA 水沢、入来(鹿児島県薩摩川内市)、小笠原(東京都小笠原村父島)、石垣(沖縄県石垣市)の4カ所に同一仕様の電波望遠鏡を設置し、2002(平成14)年に本格運用を開始。複数の電波望遠鏡を連動させ一つの天体を観測する「VLBI(超長基線電波干渉計)」の手法を用いることで、実際に製造不可能な直径2300kmの電波望遠鏡とほぼ同じ能力を発揮する。その性能は、月面にある1円玉を判別できるレベルに値する。水沢には4局で観測したデータを処理する相関局と、各局の望遠鏡を遠隔操作する指令室「AOC」がある。

============================================================
文科省に要望へ(小沢昌記奥州市長)
 国立天文台水沢VLBI観測所の本間希樹所長は27日、市役所本庁に小沢昌記市長らを訪ね、VERAプロジェクト終了や新年度予算半減について説明した。小沢市長は、所管する文部科学省に対し要望活動を行う意向だ。
 説明後、取材に応じた小沢市長は「基礎研究が果たす役割、期待は計り知れないものがある。予算不足を理由に軽々にこのようなプロジェクトを切り捨てるのはいかがなものか」と指摘。「具体的な中身はこれからだが、文科省に要望活動したい」と述べた。
 観測局がある鹿児島県薩摩川内市、沖縄県石垣市、東京都小笠原村の各首長にも連絡を取り、同一歩調で連携する考えも示した。

=====================================================================
科学行政の課題露呈

 【解説】 「人類初のブラックホール撮影成功」「緯度観測から120年」――。地域社会も巻き込んだ歓喜を打ち消すかのように、国立天文台水沢VLBI観測所の主力事業「VERAプロジェクト」の終了と新年度予算の大幅削減の方針が、突如突き付けられた。
 VERA観測に用いられるVLBIと呼ばれる手法は、電波望遠鏡をなるべく遠距離に配置し、複数台が同一天体を観測するからこそ本来の性能を発揮できる。水沢だけ運用できたところでVERAの機能は果たせず、海外の観測所との連携運用にしか生かされない。
 国家予算そのものが厳しい状況下、VERAの前倒し終了は「ある意味仕方ない」と受け止められる向きもあるだろう。しかし、国内4カ所に設置された電波望遠鏡の耐用年数はまだ10年以上ある。一定規模の投資をして設置した観測システムは、あと数カ月で“塩漬け”の状態となり、さまざまな研究を想定していた将来ある若者の目標をかき消す。人材の海外流出を招きかねず、大なたを振るった代償はあまりにも大きい。
 同観測所は学術研究拠点である一方、緯度観測所時代から心のよりどころのような形で接していた市民は多い。2代目本館を活用した奥州宇宙遊学館は、取り壊しを回避し「科学する心」を育む拠点として市内外から多くの人たちが訪れる。ブラックホールにちなんだ菓子の開発・販売に同業者と共に取り組んだ、水沢吉小路の高橋一隆さん(45)は「このようなことで負けず、前向きに頑張ってほしい」とエールを送る。「Zのまち」を掲げる市にとって、天文台撤退という最悪のシナリオだけは避けたいところだろう。
 基礎科学研究の予算削減は、天文学に限らず他の分野でも進められている。本間所長は「日本の科学が抱えている大きな問題を局面的に映したのが今回の出来事だ」と語る。予算削減のほか「スクラップ&ビルド」と呼ばれる文部科学省による改革要求、研究所や大学のトップへの権限集中などにより、学術分野の至る所で弊害が生じている。
 財源が限られているという現実は無視できない。しかし、予算削減や効率化を重視するあまり、丁寧かつ常識的な事業精査、成果評価が失われていないか。現状の「日本の科学政策」が本当に適切な姿であるのか、早急な検証が求められる。同時に、政治の力はこのような課題にこそ発揮されるべきではないか。
(児玉直人)
投稿者 : 
tanko 2020-3-21 10:20

写真=日清戦争直後の大検疫事業に関する初公開された資料も観覧できる緊急企画展(後藤新平記念館)

 水沢大手町の市立後藤新平記念館(佐藤彰博館長)で、緊急企画展「日清戦争帰還兵検疫事業」が開かれている。感染症の国内拡大を防ぐため、戦地から帰国する兵士23万人を受け入れる検疫所開設などに尽力した新平。新型コロナウイルスが世界中で猛威を振るう中、同館が所有する関連資料9点を公開し、125年前に目に見えない病魔と戦った偉人の功績にスポットを当てている。4月19日まで。
(田中伸吾)

 日清戦争の戦地となった中国大陸では当時、コレラなどの感染症がまん延。感染し、現地や帰国の途中で命を落とす日本兵も少なくなかった。帰還する兵士たちが病原菌を国内に持ち込む恐れもあった。
 陸軍野戦衛生長官だった石黒忠悳の推薦を受けた新平は、1895年3月に創立した臨時陸軍検疫部の事務官長として検疫所の開設に尽力。わずか数カ月で似島(広島県)、桜島(大阪府)、彦島(山口県)の3カ所に整備。1日1万人以上の検疫を可能にした。
 帰還兵らは消毒剤入りの風呂で沐浴。持ち物類は蒸気消毒するなど徹底した対策を講じた。ドイツ皇帝ヴィルヘルム2世は「日本はえらいことをやる。検疫の手際は感心した」と賛辞を贈るほど、世界的にも前例のない大事業だった。
 新型コロナの影響が世界的に広がる中、新平が陣頭指揮を執った大検疫事業が再度脚光を浴びていることを受け、同館は急きょ企画展を開催。工事を終えたばかりの似島検疫所の写真、感染者の移送を担当する「護送員」の心得を記した本など、初めて展示する資料もある。大陸にとどまっている健康な兵士が感染しないよう、検疫所の工事を予定より1カ月早く完了させたエピソードも紹介。常に先を読んで行動し、「人」を大切にする新平らしさもうかがえる。
 新型コロナの影響で不要不急な外出を控えている人が多い中、同館来館者数は、この時期にしては例年よりも多く、休校中の中高生たちの姿もあったという。同館の中村淑子学芸調査員は「新平は国家の一大事にこそ力を発揮した偉大な人物。新型コロナウイルスが広がる今こそ、皆さんに新平の仕事ぶりを知ってもらいたい」と話している。
 観覧時間は午前9時〜午後4時半で月曜休館。入館料は大人200円、小・中・高校生無料。問い合わせは同館(電話 0197-25-7870 )へ。
投稿者 : 
tanko 2020-3-10 14:30

写真=新型コロナウイルス感染防止のため臨時休館している木村栄記念館(水沢星ガ丘町)

 新型コロナウイルスの感染拡大防止を目的とした中国、韓国からの入国制限が9日から始まった。両国とは政治、経済、文化のほか、学術分野でも連携や交流がある。水沢星ガ丘町の国立天文台水沢VLBI観測所(本間希樹所長)は、日中韓の電波望遠鏡を連動させ天体観測を行うプロジェクトに参加。望遠鏡は遠隔操作しているため、新型コロナによる観測業務への影響は今のところないという。一方、敷地内の一般見学可能な施設のうち、木村栄記念館は17日まで臨時休館している。
(児玉直人)

 同観測所は複数の電波望遠鏡を連動操作し一つの天体を観測する「VLBI(超長基線電波干渉計)」という手法を用い、研究事業を展開している。2018(平成30)年からは、同観測所を含む国内4カ所に同一仕様の口径20m電波望遠鏡のほか、中韓両国の観測施設も連動させる「東アジアVLBIネットワーク(EAVN)」が本格始動している。
 通信回線を利用し遠隔操作しており、メンテナンスなどは現地スタッフが対応しているため、基本的に人の移動が伴わない。同観測所広報担当の小沢友彦・特任専門員は「今の時点で通常の観測に支障はない」としている。
 一方で、3月は研究会や学会が集中するシーズン。同観測所勤務の研究者が参加する予定だった学会等は軒並み中止や延期となり、出張取りやめの件数はかなりある。
 敷地内の一部見学施設も感染予防のため閉鎖。天文台が管理する木村栄(きむら・ひさし)記念館は、今月3日から17日まで臨時休館。感染拡大の状況によっては、期間を延長する可能性もある。
 屋外にある電波望遠鏡のほか、奥州市所有でNPO法人奥州宇宙遊学館が管理する奥州宇宙遊学館(中東重雄館長)は見学できる。ただし、4次元宇宙シアターの上映は今月16日まで休止しているほか、14日の星空観望会は中止。22日に予定していた小学生向け講座「サンデースクール」は延期とした。
 小中学校が休校中で、一部公共施設が閉鎖している中、数少ない開館施設である遊学館には県内外からわざわざ足を運ぶ人も。同館スタッフは「手指消毒をしてもらうなど、感染防止に努めてもらいながら展示室などを見学していただいている」と話している。

当ホームページに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての著作権は胆江日日新聞社に帰属します。
〒023-0042 岩手県奥州市水沢柳町8 TEL:0197-24-2244 FAX:0197-24-1281

ページの先頭へ移動