人類史上初ブラックホール撮影に貢献した国立天文台水沢VLBI観測所は、120年の歴史を誇り今もなお世界とつながっている観測拠点。奥州市西部が候補地となっている国際リニアコライダー(ILC)の話題とともに、岩手県奥州市、金ケ崎町における科学やそれに関連する地域の話題(行政・産業経済・教育・まちづくり・国際交流など)を随時アップしていきます。(記事配信=株式会社胆江日日新聞社)
投稿者 : 
tanko 2013-10-30 9:40
 水沢区を拠点に活動する「インターナショナルILCサポート委員会」(ビル・ルイス委員長)は30日、県庁に達増拓也知事を訪ね、国際リニアコライダー(ILC)の誘致実現後に求められる国際都市形成に向けたまちづくり策を提言する。特に教育分野の環境充実を強調し、県立大学に自然科学や技術関連の学部を新設するよう要請する方針だ。
 同委員会は今年3月に発足。奥州市やその近隣に居住している外国人市民有志で構成している。
 北上山地へのILC誘致が実現すると、建設段階から海外の技術者が現地入りし、運用開始後は研究者らも滞在する。外国人には「単身赴任」という概念はなく、家族連れでILC周辺に中長期間居住するケースが想定される。
 同委員会は市国際交流協会(佐藤剛会長)と協力し、ソフト・ハード双方の現状課題を整理しながら、国際都市形成に向けた必要施策を検討。外国人のみならず、受け入れる日本人市民にとっても過ごしやすい都市像を探り、4月には小沢昌記市長へ提言書を提出している。
 今回の知事提言では、さらに内容を精査。併せて、市長提言には盛り込まなかった教育分野の項目も付け加える。
 ILCのような研究施設では、理工学系の人材が多く必要とされる。このため、県立大学に自然科学や技術関連を扱う学部を新設するよう要望する。
 研究者の子どもたちの就学の場となるインターナショナルスクールについては、外国人だけでなく地域の子どもたちも希望があれば入学できるよう柔軟な対応を求める。また、インターナショナルスクールの発展形として、地域にある既存の学校施設を活用し、大人から子どもまで日本語や外国語、異文化を学べる場の創出を提言。外国人、日本人双方が気軽に利用できるようにすることを想定している。
(児玉直人)
投稿者 : 
tanko 2013-10-26 9:40
 来日中のドイツ・マインツ大学の斎藤武彦教授(42)は25日、市内の2小学校で国際リニアコライダー(ILC)をテーマに特別授業を行った。「ILCができたら、岩手は世界一の科学研究ができる場所になる」などと話し、次代を担う子どもたちにメッセージを送った。
 震災支援団体SAVE IWATE(寺井良夫理事長)が主催。県内21校で授業した6月に続き、2度目の開催。今回は県内の小中学校13校を会場とした。
 江刺区の伊手小学校(百々正博校長、児童72人)では5、6年生34人が授業を受けた。斎藤教授は笑いを交えながら、宇宙の広さや誕生について分かりやすく説いた。
 地球と同じく太陽系の星の一つ、火星に行くにはロケットで約半年かかり、太陽系の外までは約30年かかると斎藤教授。太陽系を含む星の集まり「銀河系」は1千億の星があり、宇宙にはこのような銀河がさらに1千億あると説明すると、子どもたちは「気が遠くなるほど広い!」などと驚いた。
 斎藤教授は「宇宙は今も広がり続けているが、その始まりは小さな小さな粒にすぎなかった。その粒はすごく大きなエネルギーが詰まっていて、大爆発して原子などが生まれて星になった」と説明。そうした仕組みを解き明かした理由として、加速器による実験で宇宙が始まる瞬間に近いものを再現したことを挙げた。
 「宇宙の始まりには、まだ謎が多い。それを解明するのがILC。日本にILCができるならば、その候補地はここ。これができれば、岩手は世界一の科学研究ができる場所になる。岩手ってすげぇ!ってことになる」と語った。
 同日、斎藤教授は市役所に小沢昌記市長を訪ねたほか、市国際交流協会員らとも会談した。
(宮本升平)
写真=斎藤武彦教授(左)の話に聴き入る伊手小の児童
投稿者 : 
tanko 2013-10-24 9:30
 国際リニアコライダー(ILC)計画の推進に賛同している独マインツ大学の斎藤武彦教授=原子核構造物理学=による特別授業が25日、奥州市内の2小学校で実施される。世界唯一の候補地になったばかりのILCについて、その研究内容や意義について、小学生にも分かりやすい切り口で解説する。
 斎藤教授が市内で授業をするのは今年6月以来。今回は羽田、伊手の2小学校の5、6年生を対象に実施する。その後、小沢昌記市長を表敬訪問するほか、外国人市民で組織する「インターナショナルILCサポート委員会」のメンバーらと会談する。
 斎藤教授は神奈川県茅ケ崎市出身。筑波大学大学院を経て、2001(平成13)年からドイツに移住、マインツ大学教授などを務めている。
 斎藤教授の研究分野はILCとは直接関係ないが、被災地の子どもたちの将来に大きな意義をもたらす存在になるとして、ILCの東北誘致に賛意を示している。研究意義にとどまらず、地域社会や人材育成における効果についても強調している。
(児玉直人)

写真=斎藤武彦教授
投稿者 : 
tanko 2013-10-22 12:10
 奥州市中心市街地活性化基本計画策定委員会(委員長・後藤新吉副市長、関連部課長ら計12人で構成)は21日、本年度の初会合を開き、全66事業の進捗状況を確認。来年度から2カ年で実施予定だった「観光情報発信施設整備事業」について、市の財政見通しや公の施設見直しの流れを踏まえ、実施を当面延期する方針を了承した。延期方針は29日開催の市商工業振興審議会へ報告後、正式決定される見通し。
 同計画は、行政、住民、事業者が連携しながら経済や文化面の拠点となる魅力ある中心市街地づくりを進める目的で2011(平成23)年3月に策定。市総合計画に即し、中心市街地の区域は水沢駅西側の商業地域を中心に、南側は水沢公園や国立天文台、西側は日高神社を含んだ範囲(約140ha)と定めている。
 同日の会合には委員10人が出席。同計画の目玉とされていた観光情報発信施設整備事業について、佐々木文也商業観光課長が「市の財政状況や今後の見通しを考慮し、事業を進めるべきか検討した。費用削減なども含め、計画を当面延期したい」と事業計画の変更を提案し、了承された。
 佐々木課長は延期の理由として、行財政改革で事務事業や公の施設の見直しが行われているほか、合併特例債の活用時期が10年間延期され、その分、長期的な対応が可能になったと説明。国際リニアコライダー(ILC)誘致後に研究者や観光客らが新たに訪れるようになった場合、「今考えられる施設内容よりも幅広い視野に立った施設が必要となり、施設の建設を急ぐべきではない」と理解を求めた。
 同施設の整備事業は市全域の観光情報を総合的に発信するための施設を想定。数億円規模の事業費で水沢市街地に観光拠点を整備する計画だった。
 出席した委員は「市の観光情報の発信は充実しておらず、今後はソフト事業に力を入れるべき」「観光の魅力を高めるには、ソフトとハードの両面を組み合わせた方策が必要」などと意見を交わした。
 同計画は▽地域資源の活用による交流人口の増加▽回遊性の向上に伴う商店街の活性化――など3項目の目標に沿い、交流ふれあい施設整備や空き店舗対策を含む計飄事業が盛り込まれている。会合では、ほぼ全ての事業が計画通り進んでいると報告された。
(若林正人)

写真=委員10人が出席した本年度1回目の市中心市街地活性化基本計画策定委員会の会合
投稿者 : 
tanko 2013-10-22 12:10
 水沢南自治振興会(佐藤義雄会長)はこのほど、水沢南地区センターで「国際リニアコライダー(ILC)講演会」を開き、地域住民ら約80人がILCの社会的意義、誘致後の課題などに理解を深めた。
 いわてILC加速器科学推進会議の小野寺喜美男さんがILCの概要などを解説。市ILC推進室の及川健室長は「ILC実現の課題と市の対応」と題して講演した。
 及川室長はスイスの素粒子実験施設、欧州合同原子核研究所(CERN)の事例を挙げ、ILC実現への課題点などを指摘。世界中から研究者を集めるため、生活環境の整備が不可欠という。
 外国からの研究者の滞在期間は3〜5年、90%が配偶者同伴と予想される。「手続きなどを1カ所で済ませられる相談窓口の開設が必要。家族が安心して暮らせる医療、教育体制の構築も欠かせない」と説明した。
 ILC建設地には、外国人が地域社会に溶け込めるように住居、就労などの支援も求められる。「生活環境の整備は外国の研究者一家の長期滞在を可能とし、市民生活の充実にもつながる」と理解を促した。

写真=ILC誘致後の課題などに理解を深める参加者たち
投稿者 : 
tanko 2013-10-20 5:30
 ILC計画を推進する国際的な研究者組織「リニアコライダー・コラボレーション(LCC)」の副責任者を務める村山斉氏は19日、LCCが17日に実施した北上山地視察について「非常に安心した」と振り返った。ILCに対する地元の期待に感謝しつつ「大プロジェクトは、何が起こるか分からない」とも語り、冷静に見守る“忍耐力”を求めた。

 村山氏は19日、東北ILC推進協議会主催の講演会に、高エネルギー加速器研究機構(KEK)名誉教授の吉岡正和氏、ILC戦略会議議長の山下了氏とともに講師として招かれ、ILC計画の意義などを解説した。
 終了後、胆江日日新聞社の取材に応じた村山氏は「今までは地図や資料だけで見ていた場所を実際に訪れてみて、あらためて安心した。山はなだらかだし、思ったより店や町もあるという印象を受けた。一緒に視察した(LCC最高責任者の)リン・エバンス氏も、同じように感じていた」と笑顔で語った。
 北上山地での国際設計がいよいよ本格化することに村山氏は「地域の皆さんには、これからもいろいろと助けていただければ」と述べた。その上で「国際的な大プロジェクトでは何が起こるか分からない。関係国との交渉がうまく進展しないことだってあり得る。実際、アメリカのとある地下実験場は、10年以上前に計画されていながら、今だ実現されていない」と説明。「(ILCも)辛抱強く待つことが求められる」と述べ、誘致に向けた盛り上がりの中にも、冷静に事の経過を見守る姿勢が必要になることを訴えた。
 村山氏は東京都出身で、東北大学に助手として勤務した経歴を持つ。現在は、東京大学国際高等研究所カブリ数物連携宇宙研究機構・機構長として、科学界の若きリーダーの一人として国内外で活躍。難解な素粒子物理の世界を分かりやすく解説する講演会や書籍を出版するなど、一般市民や子どもたちへの科学の普及にも力を注いでいる。
(児玉直人)
写真=村山斉氏
投稿者 : 
tanko 2013-10-20 5:20
 【仙台市=報道部・児玉直人】
 国際リニアコライダー(ILC)の国内候補地選定作業を実施したILC立地評価会議の上部組織、ILC戦略会議議長の山下了氏(東京大准教授)は19日、仙台市内で、候補地評価の経過などを一般向けに説明した。東北での一般向け説明は初。山下氏は、研究成立を最重要視した結果、北上山地が最適との評価に至ったことを強調した。

 山下氏の報告は同日、東北ILC推進協議会が主催する講演会の中で行われた。
 立地評価会議は山下氏ら委員8人で構成。科学的な見地から国内2カ所の候補地を絞り込む作業を進め、8月23日に北上山地が最適とする評価結果を公表した。
 北上山地は海抜100mの山腹にトンネルを掘るため、地上からのアクセストンネルは短くていいほか、トンネルよりも標高の低い場所に、地中で生じた排水を流すこともできる。
 一方、脊振山地はトンネルのルート上に市街地や海に近い河川が横切っているため、トンネルは一部が海抜0m以下になる場所もある。このため、山間部に差し掛かった部分では、地表からトンネルまでの距離が長くなるため、アクセストンネルの工費や建設時間の増加になってしまう。また、ルート上にあるダム湖の存在もネックとなった。
 脊振山地は、九州最大都市の福岡市も近いことから、生活の利便性では北上山地周辺を上回る機能を有している。しかし山下氏は「研究者が快適に過ごすという点は確かに大切だが、それ以上に研究自体が成立しなければ意味がない」と強調した。
 「国内候補地が北上山地となったことは、世界の候補地になったことだ」と山下氏。「大差がついている評価結果をひっくり返そうとして、プロジェクトの実現が失敗した――という結果が、歴史上はっきり示されている」と述べ、今回の結果が最終的なILC建設のゴーサインを出す際にも最大限尊重されるようくぎを刺した。

写真=ILC候補地選定の経過について説明する山下了氏
投稿者 : 
tanko 2013-10-18 5:50
 国際リニアコライダー(ILC)計画を推進する国際的な研究者組織、リニアコライダー・コラボレーション(LCC)の幹部が17日、北上山地を初めて視察。最高責任者のリン・エバンス氏は、ILC立地評価会議が選定した同山地について「評価は適切なものであったと強く感じた」と述べ、今後はKEK(高エネルギー加速器研究機構)を拠点に、北上山地に見合った詳細設計を進めていくことを明らかにした。さらに早期に国際交渉に着手できるよう、誘致建設に向けた日本政府の意思表示に期待を込めた。

 視察団一行は、一関市大東町内の加速器トンネル想定ルート地点や江刺区の国立天文台地球潮汐観測施設などを訪問。同区伊手(いで)の伊手地区センターでは、地質調査で採取された花こう岩のサンプルなどを見た。
 現地視察後、水沢区内のホテルでエバンス氏は達増拓也知事や小沢昌記市長らと懇談。その後、記者会見し「日本の研究者組織の中で二つの候補地を絞り込んで北上山地とした。その後、国際的な評価によってこの選定結果は適切だと判断した。今回、実際に訪れてみて、その評価が適切なものだったとあらためて思った。北上山地において詳細な設計をしていく」と述べた。
 日本政府に対しては「日本が『ILCをホストするための準備をしたい』と、明確に提言をすることで、国際的な交渉が始まる」と、国際交渉の開始に向けた意思表示を求めた。
 一部市民団体が懸念している放射能や自然環境へのリスクについて「注意深く対処すべき問題だ」と強調。その上で「ILCは世界で最も厳しい環境や放射能の基準を満たせるよう設計している。加速器を動かせば放射能は発生するが、その規模はLHC(欧州合同原子核研究機関=CERN=にある加速器実験装置)と比べものにならないほど小さい」と説明した。
 会見に同席した達増知事は「地元として必要な環境をしっかり用意していかなくてはいけない」と話した。
(児玉直人)

写真=北上山地の立体地形図を見るリン・エバンス氏(右)(伊手地区センター)
投稿者 : 
tanko 2013-10-18 5:40
 LCC最高責任者のエバンス氏は17日、現地視察後の懇談で国内候補地として最終選考まで名前が挙がっていた九州の脊振(せふり)山地について「九州の候補地でもさまざまな準備や提案をしてくれたことに感謝している。候補地選定は純粋に技術的な理由によるものだった」と理解を求めた。
 その上で「九州地域も何とかILCプロジェクトの中に組み込むような体制ができないか考えたい」と話した。
 ILC国内候補地の選定結果をめぐっては、九州の誘致団体などから結果や説明に納得がいかないとする声が上がっていた。
投稿者 : 
tanko 2013-10-18 5:30
 リニアコライダー・コラボレーション(LCC)の幹部が国際リニアコライダー(ILC)候補地の北上山地を視察した17日、市は訪問先の会場に歓迎する看板を掲げるなど、ILC計画に対する地元の期待の高さを示した。昼食会場では、同市江刺区の名産「江刺りんご」が振る舞われ、市内の見どころを紹介する写真パネルも展示。限られた時間の中で北上山地周辺や同市の魅力をアピールした。

 今回の現地視察は、15日に東京大学で開かれた国際シンポジウムに合わせて計画。LCC最高責任者のリン・エバンス氏ら国内外の研究者は、16日夜に岩手入りし一関市内のホテルに宿泊した。
 一関市内の視察地を経て昼ごろに江刺区の伊手(いで)地区センターに到着。センターの入り口には、日本語と英語の歓迎看板が掲げられた。近くの産直施設「源休館(げんきゅうかん)」脇にも「Welcome ILC」と書かれた小さな看板が設置された。
 同地区センターには、北上山地や市内の魅力をPRしようと、市内5区の観光地や祭典、自然美を捉えた写真パネルを準備。昼食時間のデザートには「江刺りんご」も振る舞われた。
 写真パネルは水沢区内のホテルで開かれたレセプション(交換会)の場にも展示。小沢昌記市長がエバンス氏らに、祭りの内容などを説明した。小沢市長は胆江日日新聞社の取材に「いろいろと限られた中ではあったが、市として可能な範囲で幹部の皆さんのおもてなしをした。好印象を持ってもらえたと思う」と話していた。
写真=伊手地区センターに掲げられた歓迎看板(上)と、LCC幹部に紹介するために準備された観光地などのパネル写真

当ホームページに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての著作権は胆江日日新聞社に帰属します。
〒023-0042 岩手県奥州市水沢柳町8 TEL:0197-24-2244 FAX:0197-24-1281

ページの先頭へ移動