人類史上初ブラックホール撮影に貢献した国立天文台水沢VLBI観測所は、120年の歴史を誇り今もなお世界とつながっている観測拠点。奥州市東部が候補地となっている国際リニアコライダー(ILC)の話題とともに、岩手県奥州市、金ケ崎町における科学やそれに関連する地域の話題(行政・産業経済・教育・まちづくり・国際交流など)を随時アップしていきます。(記事配信=株式会社胆江日日新聞社)

科学的好奇心を刺激(水沢図書館で宇宙とILC展)

投稿者 : 
tanko 2020-12-20 10:10

写真=水沢図書館で開かれている企画展「宇宙×ILC」

 素粒子物理学研究施設「国際リニアコライダー(ILC)」について紹介する企画展「宇宙×ILC」(県南広域振興局主催)が、水沢佐倉河の市立水沢図書館で開かれている。ILCをはじめ、宇宙科学に関する本やパネル、県立水沢工業高校の生徒が作った模型も並び、科学的好奇心を刺激している。22日まで。月曜休館。
 建設の有力候補地として北上高地が挙げられるILCについて広く知ってもらおうと、県南局が国立天文台水沢VLBI観測所の協力を得て企画。管内の8市町を巡回している。
 子ども向けの解説パネルも用意。昨年同観測所の本間希樹所長らが貢献した、ブラックホールの観測を扱った図書も並ぶ。
 ILC推進モデル校でもある水沢工高の生徒が制作した模型は、赤と青の発光ダイオード(LED)を使い陽電子と電子が衝突し素粒子が生じる現象を表現。水沢佐倉河の小川原輝真君(11)は「ILCは聞いたことがある。宇宙船みたい」と興味を示しながら模型を眺めていた。
トラックバックpingアドレス http://ilc.tankonews.jp/modules/d3blog/tb.php?995

当ホームページに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての著作権は胆江日日新聞社に帰属します。
〒023-0042 岩手県奥州市水沢柳町8 TEL:0197-24-2244 FAX:0197-24-1281

ページの先頭へ移動