人類史上初ブラックホール撮影に貢献した国立天文台水沢VLBI観測所は、120年の歴史を誇り今もなお世界とつながっている観測拠点。奥州市東部が候補地となっている国際リニアコライダー(ILC)の話題とともに、岩手県奥州市、金ケ崎町における科学やそれに関連する地域の話題(行政・産業経済・教育・まちづくり・国際交流など)を随時アップしていきます。(記事配信=株式会社胆江日日新聞社)

50年後の宇宙生活は?(奥州遊学館で作文、絵画展始まる)

投稿者 : 
tanko 2020-12-2 10:40

写真=子どもたちの絵画や作文が展示されている奥州宇宙遊学館

 「宇宙の日」を記念した「全国小・中学生作文絵画コンテスト」の応募作品展が、水沢星ガ丘町の奥州宇宙遊学館で開かれている。作品テーマは「50年後の宇宙生活」。子どもたちの想像力あふれる作文や絵画が来館者の関心を呼んでいる。13日まで。
 「宇宙の日」は、日本科学未来館館長などを務めている毛利衛さんが、スペースシャトル「エンデバー号」で初めて宇宙に旅立った日にちなむ。宇宙を身近に感じてもらおうと、文部科学省や宇宙航空研究開発機構(JAXA)、同遊学館など全国の応募協力科学館などが同コンテストを主催している。
 同館に集まった作品は作文3点、絵画19点。新型コロナウイルス感染症の影響もあって、例年より参加は少なかった。全国審査に回る最優秀賞は作文、絵画とも該当はなかった。
 入賞者への表彰式は展示最終日の13日、同館で行われる。入賞者は次の通り。
 【作文】
 ▽優秀賞…眤捨神検弊臑罅若林小3年)▽佳作…神垣歩美(仙台・八幡小4年)
 【絵画】
 ▽優秀賞…眤捨神検弊臑罅若林小3年)▽佳作…佐々木里空(伊手小3年)▽天文台所長賞…星野友佑(常盤小5年)▽天文台賞…山崎玲央奈(伊手小3年)▽理事長賞…児玉煌茉知(金ケ崎小6年)▽遊学館館長賞…和川智輝(伊手小3年)▽遊学館賞…平雅久(金ケ崎小4年)
トラックバックpingアドレス http://ilc.tankonews.jp/modules/d3blog/tb.php?993

当ホームページに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての著作権は胆江日日新聞社に帰属します。
〒023-0042 岩手県奥州市水沢柳町8 TEL:0197-24-2244 FAX:0197-24-1281

ページの先頭へ移動