人類史上初ブラックホール撮影に貢献した国立天文台水沢VLBI観測所は、120年の歴史を誇り今もなお世界とつながっている観測拠点。奥州市東部が候補地となっている国際リニアコライダー(ILC)の話題とともに、岩手県奥州市、金ケ崎町における科学やそれに関連する地域の話題(行政・産業経済・教育・まちづくり・国際交流など)を随時アップしていきます。(記事配信=株式会社胆江日日新聞社)

具体的踏み込みない(次期欧州戦略におけるILC計画に対し文科相)

投稿者 : 
tanko 2020-6-25 9:30
 今月19日に公表された次期欧州素粒子物理戦略について、文部科学省の萩生田光一大臣は23日、定例会見の質疑で「ILC(国際リニアコライダー)計画については、具体的な協力をもって参加することにまでは踏み込んでない」との認識を示した。
 同戦略は、欧州の素粒子物理学研究における中長期的な研究指針で、6〜7年に一度更新。今回更新された同戦略には、北上山地が有力候補地となっている素粒子実験施設・ILCについて、日本が時宜を得て計画を進めるのであれば、欧州の素粒子物理学界は協力するであろうとの趣旨が記載されていた。
 戦略に記載された内容について、萩生田大臣は「欧州の研究者界が素粒子物理学分野の取り組みの優先度を示す同戦略において、ILC計画に具体的な協力をもって参加することにまでは踏み込まなかった」との認識。さらに「欧州自身の将来の加速加速器計画について、より多くの文量が割かれている。技術的、財政的な実現可能性を調査すべきことも記載されている」とも述べた。
 今後の文科省の動きについては「今回の戦略を踏まえ、米欧の政府機関との意見交換などを行い、昨年3月の政府見解に沿って対応していく」とした。
 このほか萩生田大臣は、質問記者が冒頭「東北地方に設置が予定されている国際リニアコライダーについて……」と述べた点に触れ、「東北地方に予定しているという事実はない。九州でも熱心に誘致をしている」と指摘。政府として北上山地が公式のILC候補地と認識していない点を明確にした。
トラックバックpingアドレス http://ilc.tankonews.jp/modules/d3blog/tb.php?948

当ホームページに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての著作権は胆江日日新聞社に帰属します。
〒023-0042 岩手県奥州市水沢柳町8 TEL:0197-24-2244 FAX:0197-24-1281

ページの先頭へ移動