人類史上初ブラックホール撮影に貢献した国立天文台水沢VLBI観測所は、120年の歴史を誇り今もなお世界とつながっている観測拠点。奥州市東部が候補地となっている国際リニアコライダー(ILC)の話題とともに、岩手県奥州市、金ケ崎町における科学やそれに関連する地域の話題(行政・産業経済・教育・まちづくり・国際交流など)を随時アップしていきます。(記事配信=株式会社胆江日日新聞社)

ILCに期待(ピーター・ヒッグス博士、映像メッセージ)

投稿者 : 
tanko 2020-2-9 18:30

写真=ビデオメッセージの形で出演したピーター・ヒッグス氏(左)

 【東京=児玉直人】あらゆる物質に質量を与えている素粒子「ヒッグス粒子」の存在を予言したイギリスの理論物理学者ピーター・ヒッグス博士は8日、東京大学伊藤謝恩ホール=東京都文京区=で開かれた国際リニアコライダー(ILC)推進国際シンポジウムにビデオ出演し、日本がリードするILCに期待を寄せた。
 シンポジウムは、高エネルギー加速器研究機構(KEK)などが共催。ヒッグス博士は、現在検討されている四つの計画の中で「ILCは日本がリードする立場となっている計画。経済的に負担を強いられると思われがちだが、地元経済にも効果をもたらすだろう」と述べた。
 同シンポジウムは、日本学術会議が「学術の大型施設計画・大規模研究計画に関するマスタープラン」を策定後、最初に開かれた公開型のPR企画。同プランでILCは、速やかに実施すべき「重点大型研究計画」に位置付けられなかった。シンポジウムでは、登壇者が同プランについて触れる場面はなかった。
トラックバックpingアドレス http://ilc.tankonews.jp/modules/d3blog/tb.php?921

当ホームページに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての著作権は胆江日日新聞社に帰属します。
〒023-0042 岩手県奥州市水沢柳町8 TEL:0197-24-2244 FAX:0197-24-1281

ページの先頭へ移動