人類史上初ブラックホール撮影に貢献した国立天文台水沢VLBI観測所は、120年の歴史を誇り今もなお世界とつながっている観測拠点。奥州市西部が候補地となっている国際リニアコライダー(ILC)の話題とともに、岩手県奥州市、金ケ崎町における科学やそれに関連する地域の話題(行政・産業経済・教育・まちづくり・国際交流など)を随時アップしていきます。(記事配信=株式会社胆江日日新聞社)

ILC実現へ人材育成(岩手県モデル校指定)

投稿者 : 
tanko 2019-5-31 15:50
 岩手県は本年度、北上山地が有力候補地となっている素粒子実験施設、国際リニアコライダー(ILC)の誘致事業に関連し、水沢や水沢工業など県立8高校を「ILC推進モデル校」に指定した。718万1000円を投じ、国内外の素粒子研究施設の見学や外国人受け入れなど、モデル校の取り組みを支援する。
 モデル校指定は、ILCが実現した場合の地域社会を見据え、研究職のみならず国際研究都市を支える上で必要な幅広い分野の人材を育成しようと、県が2017年度から実施。ILCに関する課題研究などを実践している高校を中心に、モデル校として指定し、関連する授業や研修に対する経費面を支援している。
 水沢は2017年度から続くモデル校。本年度の予算額は100万円で、代表生徒による米国カリフォルニア州のSLAC国立加速器研究所への訪問や現地での研究発表などを行う予定だ。
 一方、2018年度からモデル校になっている水沢工業は、ILC関連の講演会を開催するほか、ILC関連装置の技術開発が行われている高エネルギー加速器研究機構=茨城県つくば市=の見学、文化祭でのILC関連装置の模型展示などを予定している。予算額は74万4000円。
 このほか本年度は大船渡東、福岡の2校が新たに加わった。大船渡東は、ILCで働く外国人研究者や家族のための食事について考える一方、販売実習を通じたILCの情報発信について取り組む方針だ。
トラックバックpingアドレス http://ilc.tankonews.jp/modules/d3blog/tb.php?853

当ホームページに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての著作権は胆江日日新聞社に帰属します。
〒023-0042 岩手県奥州市水沢柳町8 TEL:0197-24-2244 FAX:0197-24-1281

ページの先頭へ移動