岩手県奥州市・金ケ崎町をエリアとした地域新聞社による国際リニアコライダー(ILC)関連記事を掲載。 奥州市東部の北上山地は、現時点における世界唯一のILC候補地に選定されました。当サイトにはILCをはじめ、理系分野やILCに関連性のある地域の話題(行政・産業経済・教育・まちづくり・国際交流など)についての記事を随時アップします。

ILC候補地首長も反論“参戦” 慎重派団体は賛意の文書(双方、学術会議に)

投稿者 : 
tanko 2018-12-1 8:10
 岩手県南と宮城県北の8市町首長は30日、文部科学省から国際リニアコライダー(ILC)に関する審議依頼を受けている日本学術会議(山極寿一会長)に、候補地周辺の誘致に関する取り組みをまとめた連名の意見書を提出した。慎重な見解が示された学術会議の検討委員会の回答案へ事実上反論した素粒子物理学者や経済界の動きに、地元自治体も追従した形だ。
 意見書に名を連ねたのは、奥州市の小沢昌記市長や一関市の勝部修市長ら首長8人。児童生徒や地域住民に対する理解促進に取り組んできたことなどが記されており、「地域住民はILCに理解を深め、その実現を待ち望んでいる」と主張している。同日、勝部市長が代表して東京都港区の同会議を訪れ事務局職員に直接手渡した。
 一方、ILC計画に慎重な姿勢をみせている県内の市民団体8団体は、11月26日付で検討委の回答案に賛意を示す文書を提出した。8団体は自然保護や放射能汚染問題をテーマに活動している組織。「推進側は地域住民の疑問に真剣に向き合わず、経済効果などを誇大宣伝してきた」などと指摘し、「貴委員会の所見案により、県民が抱いていた不安、リスクが明らかにされた」と評価している。
トラックバックpingアドレス http://ilc.tankonews.jp/modules/d3blog/tb.php?805

当ホームページに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての著作権は胆江日日新聞社に帰属します。
〒023-0042 岩手県奥州市水沢区柳町8 TEL:0197-24-2244 FAX:0197-24-1281

ページの先頭へ移動