人類史上初ブラックホール撮影に貢献した国立天文台水沢VLBI観測所は、120年の歴史を誇り今もなお世界とつながっている観測拠点。奥州市東部が候補地となっている国際リニアコライダー(ILC)の話題とともに、岩手県奥州市、金ケ崎町における科学やそれに関連する地域の話題(行政・産業経済・教育・まちづくり・国際交流など)を随時アップしていきます。(記事配信=株式会社胆江日日新聞社)

金ケ崎町で初ILC講演会(25日に)

投稿者 : 
tanko 2013-4-13 9:50
 金ケ崎町は、25日午後3時から町中央生涯教育センターで国際リニアコライダー(ILC)講演会を開く。申し込み不要で、誰でも聴講できる。
 町がILC講演会を主催するのは初めて。本年度の施政方針演説で高橋由一町長は、町民向けの講演会や勉強会の開催など町内の機運醸成を図る姿勢を示し、既に役場庁舎に誘致実現を訴える看板を掲示。町村レベルで初めて、産学官連携の東北ILC推進協議会にも入会し誘致を後押ししている。
 講演会では、計画の基本的な概要や誘致活動の状況などを町民に伝える予定。講師は県の千葉彰ILC推進監。町総合政策課は「町主催はもちろん、おそらく町内でILC関連の行事を開くのも初めてとなるのではないか」と話し、多くの町民の参加を呼び掛けている。問い合わせは同課(電話0197-42-2111、内線2314)へ。
トラックバックpingアドレス http://ilc.tankonews.jp/modules/d3blog/tb.php?79

当ホームページに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての著作権は胆江日日新聞社に帰属します。
〒023-0042 岩手県奥州市水沢柳町8 TEL:0197-24-2244 FAX:0197-24-1281

ページの先頭へ移動