人類史上初ブラックホール撮影に貢献した国立天文台水沢VLBI観測所は、120年の歴史を誇り今もなお世界とつながっている観測拠点。奥州市西部が候補地となっている国際リニアコライダー(ILC)の話題とともに、岩手県奥州市、金ケ崎町における科学やそれに関連する地域の話題(行政・産業経済・教育・まちづくり・国際交流など)を随時アップしていきます。(記事配信=株式会社胆江日日新聞社)

ILC計画展 9月に横浜で

投稿者 : 
tanko 2018-8-24 9:30
 国際リニアコライダー計画展は、9月5日から7日まで、横浜市のパシフィコ横浜で開かれる。県国際リニアコライダー推進協議会、いわて加速器関連産業研究会、県内自治体が「VACUUM2018真空展」の協力を得て、出展する。
 同真空展は、日本真空工業会、日本真空学会の主催。会場の一角で行われる国際リニアコライダー計画展では、ILC計画の概要、真空技術をはじめとするILCの要素技術、建設候補地の機運の高まりなど、ブース展示や特別講演で紹介される。
 企画展示では、クライオモジュール実寸大ポスターを首都圏で初めて公開する。
 世界最先端の大規模研究施設を世界に一つだけ建設する国際プロジェクトの実現に期待が高まるなか、昨年度に続き同真空展の主催者から本県に出展に打診があったことから、展示会実施が決まった。首都圏で開催される全国規模の展示会や商談会でILCのPR展示を実施するのは、昨年に続き2回目。
 特別講演は同7日午後1時から。「ILCが拓く新技術とイノベーション」と銘打ち、岩手県立大学の鈴木厚人学長が話す。聴講無料。
トラックバックpingアドレス http://ilc.tankonews.jp/modules/d3blog/tb.php?761

当ホームページに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての著作権は胆江日日新聞社に帰属します。
〒023-0042 岩手県奥州市水沢柳町8 TEL:0197-24-2244 FAX:0197-24-1281

ページの先頭へ移動