人類史上初ブラックホール撮影に貢献した国立天文台水沢VLBI観測所は、120年の歴史を誇り今もなお世界とつながっている観測拠点。奥州市東部が候補地となっている国際リニアコライダー(ILC)の話題とともに、岩手県奥州市、金ケ崎町における科学やそれに関連する地域の話題(行政・産業経済・教育・まちづくり・国際交流など)を随時アップしていきます。(記事配信=株式会社胆江日日新聞社)

願う平和 真っすぐに(江刺ユネスコ作文コンクール)

投稿者 : 
tanko 2018-2-12 19:00
 江刺ユネスコ協会(高橋新平会長)主催の第23回江刺ユネスコ作文コンクール表彰式は10日、江刺生涯教育センターで行われ、世界平和の尊さなどについて真っすぐな意見をつづった区内の中高生12人をたたえた。中学生の部では市立江刺一中2年の生野愛奈さん、高校生の部では県立岩谷堂高3年の千葉優香さんがそれぞれ最優秀賞に輝いた。
 ユネスコ協会が主唱する世界平和や環境保護などについて考えるきっかけにしてもらおうと開催しているコンクール。昨年10月から募集を開始し、中学生の部に12点、高校生の部に5点の応募があった。岩谷堂高の大内高志校長を委員長とする審査員ら5人で今年1月24日に審査を実施した。
 表彰式で高橋会長は「人生では、さまざまな人との関わりが大切。感謝の気持ちを忘れずに立派な人間に成長して活躍してほしい」とエールを送り、受賞者に表彰状と盾を授与した。
 大内審査委員長は「国際リニアコライダー(ILC)やSNSについて取り上げた作文もあり、新たな傾向も見られた」と講評。「作文を通じて皆さんの体験をこれからの将来にどう生かすかを知ることができた。たくさんの人と手を取り合って平和を実現してほしい」と激励した。
 生野さんと千葉さんを除く受賞者は次の通り。
 【中学生の部】▽優秀賞…太田仁奈(江刺東2年)久米紗奈(江刺南2年)▽優良賞…阿部唯果(江刺東2年)千田愛蘭(江刺南2年)三上愛(江刺一2年)千葉万穂(同)
 【高校生の部】▽優秀賞…菊地琴葉(岩谷堂3年)菊地一輝(同)菊地美玲(同)▽優良賞…及川由紀菜(同)

写真=祖父母から聞いた戦争体験を基に世界平和の尊さを訴え、高校生の部最優秀賞に輝いた千葉優香さん
トラックバックpingアドレス http://ilc.tankonews.jp/modules/d3blog/tb.php?685

当ホームページに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての著作権は胆江日日新聞社に帰属します。
〒023-0042 岩手県奥州市水沢柳町8 TEL:0197-24-2244 FAX:0197-24-1281

ページの先頭へ移動