人類史上初ブラックホール撮影に貢献した国立天文台水沢VLBI観測所は、120年の歴史を誇り今もなお世界とつながっている観測拠点。奥州市西部が候補地となっている国際リニアコライダー(ILC)の話題とともに、岩手県奥州市、金ケ崎町における科学やそれに関連する地域の話題(行政・産業経済・教育・まちづくり・国際交流など)を随時アップしていきます。(記事配信=株式会社胆江日日新聞社)

りんごとILC からくりカーで江刺PR(奥州市発明クラブのチーム)

投稿者 : 
tanko 2017-11-19 11:20
 第8回全国少年少女チャレンジ創造コンテスト全国大会(25日、東京工業大学)に本県代表として、奥州市少年少女発明クラブのチーム「江刺青龍」が出場する。アイデア満載の発明品で全国の舞台に臨むキャプテンの小野礼司君(12)は「決勝コンテスト出場を目標に頑張りたい」と意気込んでいる。

 創造の楽しさを子どもたちに味わってもらおうと毎年開催されるコンテスト。地区予選を勝ち抜いた全国の小学3年生〜中学生3年生の3人一組60チームが出場する。
 コンテストの課題は「からくりパフォーマンスカー」。動力車と山車を連結させ、環境、宇宙、地元などPRしたいテーマを決めて各チームが工夫を凝らしたパフォーマンスを繰り広げる。
 江刺青龍は、キャプテンの小野君と東海林誉峯(ほだか)君(11)、小野賢悟君(14)の江刺っ子3人で結成。「おらが街 I LOVE 江刺!!」と名付けた作品は、江刺リンゴと国際リニアコライダー(ILC)をモチーフに制作した。
 作品は、リンゴ生産やILCの電子・陽電子衝突の様子などを再現。子どもたちの想像力をふんだんに盛り込み、全国の発明自慢たちとの熱戦に臨む。
 小野君と東海林君は「見た人が笑顔になれる作品を完成させる。良いパフォーマンスをみせたい」と声をそろえ、健闘を誓った。大会当日は江刺甚句の法被を来て出場するという。

写真=全国少年少女チャレンジ創造コンテスト全国大会に挑む江刺青龍
トラックバックpingアドレス http://ilc.tankonews.jp/modules/d3blog/tb.php?650

当ホームページに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての著作権は胆江日日新聞社に帰属します。
〒023-0042 岩手県奥州市水沢柳町8 TEL:0197-24-2244 FAX:0197-24-1281

ページの先頭へ移動