人類史上初ブラックホール撮影に貢献した国立天文台水沢VLBI観測所は、120年の歴史を誇り今もなお世界とつながっている観測拠点。奥州市東部が候補地となっている国際リニアコライダー(ILC)の話題とともに、岩手県奥州市、金ケ崎町における科学やそれに関連する地域の話題(行政・産業経済・教育・まちづくり・国際交流など)を随時アップしていきます。(記事配信=株式会社胆江日日新聞社)

居住の場、奥州アピール(ILC特設ウェブサイト一新)

投稿者 : 
tanko 2017-10-17 17:10
 奥州市は、国際リニアコライダー(ILC)の特設ウェブサイトをリニューアルした。外国人研究者や家族向けに「居住」場所としての奥州市をPRしている。
 誘致が期待されているILCは、江刺区東部を含む北上山地が最有力候補地。誘致されれば多くの外国人研究者が訪れると見込まれている。
 リニューアルしたウェブサイトの英語版は、外国人研究者らに「奥州市へ行く」「奥州市で楽しむ」「奥州市に泊まる、住む」をキーワードに情報発信。交通手段や宿泊施設の紹介のほか、観光、生活情報の提供にもつなげ、居住の場をアピールしている。日本語版ではILCにまつわる解説ページを強化し、県や一関市などのSNSアカウントも紹介している。
 スマートフォンやタブレット端末に対応したほか、画面の背景色はこれまでの黒色から白色に変えて視認性を高めたという。
 問い合わせは、市ILC推進室(電話0197・24・2111)。

写真=リニューアルした奥州市ILCサイト
トラックバックpingアドレス http://ilc.tankonews.jp/modules/d3blog/tb.php?637

当ホームページに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての著作権は胆江日日新聞社に帰属します。
〒023-0042 岩手県奥州市水沢柳町8 TEL:0197-24-2244 FAX:0197-24-1281

ページの先頭へ移動