岩手県奥州市・金ケ崎町をエリアとした地域新聞社による国際リニアコライダー(ILC)関連記事を掲載。 奥州市東部の北上山地は、現時点における世界唯一のILC候補地に選定されました。当サイトにはILCをはじめ、理系分野やILCに関連性のある地域の話題(行政・産業経済・教育・まちづくり・国際交流など)についての記事を随時アップします。

岩手県商議所連合会 ILCの誘致方針、政府の早期決定促す

投稿者 : 
tanko 2017-8-25 14:50

 岩手県商工会議所連合会(会長・谷村邦久盛岡商工会議所会頭)は24日、奥州市水沢区東町の水沢グランドホテルで会頭・副会頭会議を開き、県知事や中央省庁への本年度要望5項目を取りまとめた。国際リニアコライダー(ILC)の国内誘致方針の早期決定を求める内容も盛り込まれた。
 県内9商議所の約50人が出席。あいさつで谷村会頭は、今月9日に中国広州市で開かれた国際将来加速器委員会(ICFA)で、当初計画よりも小さな規模からILCを段階的に整備、運用していく「ステージング」が支持されたことに触れ、「政府の早い決断を促す材料になる」と実現への期待を寄せた。
 本年度要望は▽復興・創生に向けた予算措置とインフラ整備の促進▽復興の先を見据えた産業支援▽中小企業の経営再建・さらなる自立に向けて▽主要プロジェクト等への対応▽2016(平成28)年台風10号災害からの復旧・復興――。
 ILCを巡っては、政府が国内誘致の是非を判断するまでのプロセスを具体的に示すよう要望する。資金分担などの国際調整を進め、国内誘致の方針を早期に決定するよう求める。
 インフラ整備では復興道路や復興支援道路の早期完成、産業振興につながる社会資本整備を要望する。具体項目には国道4号水沢東バイパスの早期完成、金ケ崎区間4車線化も盛り込まれた。
 中小企業の競争力強化や活性化への補助金制度の継続や、補助上限引き上げの必要性を訴えるほか、地域経済活動に密着した商工会議所への支援も求める。
 県知事要望は9月12日、中央省庁と県選出国会議員への要望は同20日を予定している。

写真=県知事、中央省庁への要望項目を了承した県内商工会議所会頭・副会頭会議
トラックバックpingアドレス http://ilc.tankonews.jp/modules/d3blog/tb.php?628

当ホームページに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての著作権は胆江日日新聞社に帰属します。
〒023-0042 岩手県奥州市水沢区柳町8 TEL:0197-24-2244 FAX:0197-24-1281

ページの先頭へ移動