岩手県奥州市・金ケ崎町をエリアとした地域新聞社による国際リニアコライダー(ILC)関連記事を掲載。 奥州市東部の北上山地は、現時点における世界唯一のILC候補地に選定されました。当サイトにはILCをはじめ、理系分野やILCに関連性のある地域の話題(行政・産業経済・教育・まちづくり・国際交流など)についての記事を随時アップします。

人材育成へILCモデル校(岩手県が水沢など4高校指定)

投稿者 : 
tanko 2017-7-22 9:30
 岩手県は、北上山地が有力候補地となっている素粒子実験施設「国際リニアコライダー(ILC)」の誘致実現を見据え、ILCで活躍できる人材を育成するため、水沢高など県立高校4校をILC推進モデル校に指定した。
 指定校は、水沢高のほか、盛岡一高、花巻農高、一関一高。ILCに関する課題研究などを実践している、またはILCを担う人材育成に取り組もうとしている高校を選定した。
 水沢高では、ILC関連装置の研究開発を実施している高エネルギー加速器研究機構(KEK、茨城県つくば市)などへの訪問を実施する予定。盛岡一高は大学教授による講演会など、花巻農高は外国農産物の栽培研究など、一関一高は建設候補地の見学などをそれぞれ計画している。
 各校の事業実施経費に関しては、1校当たり500万円を上限に県が予算計上している。
トラックバックpingアドレス http://ilc.tankonews.jp/modules/d3blog/tb.php?621

当ホームページに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての著作権は胆江日日新聞社に帰属します。
〒023-0042 岩手県奥州市水沢区柳町8 TEL:0197-24-2244 FAX:0197-24-1281

ページの先頭へ移動