人類史上初ブラックホール撮影に貢献した国立天文台水沢VLBI観測所は、120年の歴史を誇り今もなお世界とつながっている観測拠点。奥州市東部が候補地となっている国際リニアコライダー(ILC)の話題とともに、岩手県奥州市、金ケ崎町における科学やそれに関連する地域の話題(行政・産業経済・教育・まちづくり・国際交流など)を随時アップしていきます。(記事配信=株式会社胆江日日新聞社)

誘致目指すILC計画 選手、来訪者へアピール(水沢江刺駅にPRコーナー)

投稿者 : 
tanko 2016-9-30 10:10
 北上山地への誘致が期待されている素粒子実験施設・国際リニアコライダー(ILC)をPRするコーナーが30日、奥州市水沢区羽田町のJR東北新幹線水沢江刺駅(寺田亮司駅長)の「南岩手交流プラザ」にお目見えした。1日開幕の希望郷いわて国体に合わせ、同駅に降り立つ県内外の選手団や来訪客に、本県などが取り組む国際プロジェクトを紹介する。
 ILC候補地の北上山地にも近い同駅。以前から「常設型のILC情報発信機能を設置しては」との提言が地元の誘致関係者から寄せられていた。
 市ILC推進室は、国体開幕に合わせ内容を検討。江刺区のマルモ通信商事(菊地弘樹代表取締役)の協賛を得て、天井つり下げタイプの映写機を設置し、壁面に市とILCの情報動画を流すことにした。動画は5分間で10分置きに放映。自由に手に取れるよう、ILC関連のパンフレットも配置している。
 同推進室では市内の国体各会場にもILCのパンフレットを置く予定。また県科学ILC推進室は、北上市の北上総合運動公園に設営する売店・休憩スペース「わんこ広場」でILCの周知活動を展開する。

写真=水沢江刺駅に開設されたILCのPRコーナー
トラックバックpingアドレス http://ilc.tankonews.jp/modules/d3blog/tb.php?512

当ホームページに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての著作権は胆江日日新聞社に帰属します。
〒023-0042 岩手県奥州市水沢柳町8 TEL:0197-24-2244 FAX:0197-24-1281

ページの先頭へ移動