岩手県奥州市・金ケ崎町をエリアとした地域新聞社による国際リニアコライダー(ILC)関連記事を掲載。 奥州市東部の北上山地は、現時点における世界唯一のILC候補地に選定されました。当サイトにはILCをはじめ、理系分野やILCに関連性のある地域の話題(行政・産業経済・教育・まちづくり・国際交流など)についての記事を随時アップします。

ポスターに岩手らしさ満載(今冬、盛岡で開催の「LCWS2016」ポスター)

投稿者 : 
tanko 2016-7-7 20:10
 今年12月、盛岡市を会場に開かれる国際リニアコライダー(ILC)関連の国際会議「LCWS2016」のポスターが完成した。宮沢賢治の童話「銀河鉄道の夜」や岩手山など、岩手らしさをモチーフにしたデザインで、すでに国内外の研究者に対してお披露目済みという。
 LCWSは、ILCなど直線型加速器を使った素粒子実験プロジェクトについて、世界各国の素粒子物理学者らが集い、協議する国際会議。開催国を毎年変えて開催しており、日本が会場となるのは東京大学で実施した2013(平成25)年以来、3年ぶり。ILCの有力建設候補地である北上山地に近い盛岡市での開催とあって、本県の誘致関係者は地元の熱意を伝える絶好の機会と捉えている。
 本年度会議の現地実行委員会議長を務める岩手大学理工学部の成田晋也教授によると、研究者らに開催を知らせるポスターは、同大学の職員がデザインした。
 葛飾北斎の「富嶽三十六景・凱風快晴」をほうふつとさせる赤色に染まった岩手山の上部に、銀河鉄道に見立てた加速空洞(クライオモジュール)を配置。加速空洞から飛び出したビームの延長線で雪の結晶が飛び散っている様子は、ILCで行われる電子、陽電子の衝突実験をイメージした。会議開催時期が12月であることから、雪の結晶や白鳥のデザインを用いて、厳しくも美しさをみせてくれる冬の東北、岩手の自然をアピールしている。
 今年5月30日から6月5日まで、スペイン北部のサンタンデールで開かれた欧州リニアコライダー会議の席上、出席した研究者らに対しLCWS2016の開催が案内され、ポスターも披露された。
 LCWS2016は、12月5日から5日間の日程で盛岡駅西口のいわて県民情報交流センター(アイーナ)などを会場に開かれる。

写真=盛岡市で開催する「LCWS2016」のポスター

========================================================================
Poster Full of Iwate Flavor (Poster for LCWS 2016 to be held in Morioka)

The poster has been completed for the international ILC conference “LCWS 2016” to be held in Morioka City this year in December. The design focuses on an Iwate theme, including Mount Iwate and the Kenji Miyazawa children’s story “Night on the Galactic Railroad,” and the poster has already been shown to researchers inside and outside Japan.

LCWS is an international conference where particle physics researchers from all over the world gather to discuss particle physics experiments using linear colliders including the International Linear Collider. It’s held in a different country every year, and it has been three years since the last time it was held in Japan at Tokyo University in 2013. Holding LCWS in Morioka City, which is close to the Kitakami mountains ILC candidate site, is seen a perfect chance for those involved in attracting the ILC to show local enthusiasm.

According to Iwate University Faculty of Science and Engineering Professor Shinya Narita, who is serving as the head of the local exectuive committee for the conference, the poster was designed by an Iwate University employee.

Above Mount Iwate bathed in red light reminiscent of Hokusai’s “Thirty-Six Views of Mount Fuji” sails a cryomodule made to resemble the Galactic Railroad. The snowflakes falling from the beams extending from the cryomodule represent the experimental collisions between electrons and positrons for the ILC. Because LCWS will be held in December, the design emphasizes Tohoku’s severe but beautiful winter and Iwate’s nature with its snowflakes and swans.

The researchers participating at the European Linear Collider Workship in Santander, Spain from this May 30th to June 5th were told about LCWS 2016 and the poster was also shown.

LCWS 2016 will be held for five days starting on December 5th in venues including Aiina just west of Morioka station.

(Translation by Oshu city ILC Promotion Division)
トラックバックpingアドレス http://ilc.tankonews.jp/modules/d3blog/tb.php?494

当ホームページに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての著作権は胆江日日新聞社に帰属します。
〒023-0042 岩手県奥州市水沢区柳町8 TEL:0197-24-2244 FAX:0197-24-1281

ページの先頭へ移動