人類史上初ブラックホール撮影に貢献した国立天文台水沢VLBI観測所は、120年の歴史を誇り今もなお世界とつながっている観測拠点。奥州市東部が候補地となっている国際リニアコライダー(ILC)の話題とともに、岩手県奥州市、金ケ崎町における科学やそれに関連する地域の話題(行政・産業経済・教育・まちづくり・国際交流など)を随時アップしていきます。(記事配信=株式会社胆江日日新聞社)

吉岡(KEK名誉教授)、増田(元知事)両氏が講演(来月9日、Zホール)

投稿者 : 
tanko 2013-9-26 12:32
 いわてILC加速器科学推進会議(亀卦川富夫代表幹事)主催の「国際リニアコライダー(ILC)計画」講演会は、10月9日午後1時半から水沢区佐倉河の市文化会館(Zホール)で開かれる。「未来」をキーワードに、高エネルギー加速器研究機構(KEK)名誉教授の吉岡正和氏と、日本創世会議座長で元岩手県知事の増田寛也氏が講演。入場無料だが、会場定員(500人)の都合上、事前申し込みが必要。
 吉岡氏は「ILC〜子どもたちの未来のために〜」と題し、ILC建設の意義について持論を展開。増田氏は「ILCで築く地域の未来」の演題で、学術研究都市形成による地方の展望について語る。両氏とも「未来」をキーワードとし、人材や地域の将来の在り方について話題を提供する。
 聴講希望者は、市役所本庁のILC推進室(電話0197・24・2111、内線412)に申し込む。
トラックバックpingアドレス http://ilc.tankonews.jp/modules/d3blog/tb.php?183

当ホームページに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての著作権は胆江日日新聞社に帰属します。
〒023-0042 岩手県奥州市水沢柳町8 TEL:0197-24-2244 FAX:0197-24-1281

ページの先頭へ移動