人類史上初ブラックホール撮影に貢献した国立天文台水沢VLBI観測所は、120年の歴史を誇り今もなお世界とつながっている観測拠点。奥州市東部が候補地となっている国際リニアコライダー(ILC)の話題とともに、岩手県奥州市、金ケ崎町における科学やそれに関連する地域の話題(行政・産業経済・教育・まちづくり・国際交流など)を随時アップしていきます。(記事配信=株式会社胆江日日新聞社)

若手支援に3000万円、当初目標の3倍到達(天文台水沢のCF終了)

投稿者 : 
tanko 2022-6-19 9:10

写真=CF活動を通じ水沢地域の伝統産業、鋳物のPRにも一役買った本間希樹所長(右) 提供:国立天文台水沢VLBI観測所

 国立天文台水沢VLBI観測所(本間希樹所長)が4月20日から続けてきたクラウドファンディング(CF、資金調達活動)が17日深夜終了した。寄付総額は初期目標の1000万円を大幅に上回り、現時点で決済が完了した分だけで3022万7000円。今後、金融機関振り込みで受理した分の金額が加算され、今月下旬には最終金額がまとまる見通し。集まった資金は若手研究者の育成などに活用。記念品付き寄付を選択した人には、金額に応じた特製グッズが贈られる。
 同天文台の観測所施設が公式にCFを行ったのは今回が初めて。1000万円の目標金額を設定し、期日までに達した場合のみ支援金を受けられる「All or Nothing型」で実施した。
 5月12日に目標の1000万円を達成。偶然にもこの日は、天の川銀河(銀河系)の中心部にある巨大ブラックホール(BH)「いて座A*」の撮影成功を発表する記者会見があり、会見が始まる2時間前に目標に達した。
 約3週間で目標に届いたが、BH撮影成功の話題などが追い風となり、その後も寄付を申し出る人が相次いだ。さらに、動画投稿サイト「ユーチューブ」で科学系情報を紹介している複数の動画制作者が、BH撮影成功と本間所長のインタビューを発信。大きな宣伝効果をもたらし、第2目標の2000万円も突破した。CFが終了する17日午後11時の約1時間前には第3目標の3000万円も超えた。
 寄付件数(個人、企業・団体)は延べ1255件。最高額の300万円コースの申し込みはなかったが、100万円コースは5件あった。最多の申し込みは1万円コースで778件だった。
 記念品を希望した寄付者には、寄付額に応じた記念品が贈られる。本間所長はこのほど、鋳物の記念品製造を担当する水沢羽田町の蟲敝戞糞收邂賚瑳卍后砲鯔問し、自ら鋳造作業を体験。CF応募サイトでその様子を紹介し、鉄と天文学との科学的な関係について解説しながら、観測所がある水沢で育まれた伝統産業のPRにも一役買った。
 CFの終了を受け本間所長は、「予想をはるかに超える多くの方々からのご支援により、大成功で終えることができた。驚きとともに感謝の気持ちでいっぱい。皆さまの応援を私たちの力にして、今後の研究をさらに進めていきたいと思います」とコメントしている。
(児玉直人)
トラックバックpingアドレス http://ilc.tankonews.jp/modules/d3blog/tb.php?1062

当ホームページに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての著作権は胆江日日新聞社に帰属します。
〒023-0042 岩手県奥州市水沢柳町8 TEL:0197-24-2244 FAX:0197-24-1281

ページの先頭へ移動