人類史上初ブラックホール撮影に貢献した国立天文台水沢VLBI観測所は、120年の歴史を誇り今もなお世界とつながっている観測拠点。奥州市東部が候補地となっている国際リニアコライダー(ILC)の話題とともに、岩手県奥州市、金ケ崎町における科学やそれに関連する地域の話題(行政・産業経済・教育・まちづくり・国際交流など)を随時アップしていきます。(記事配信=株式会社胆江日日新聞社)

環境影響や物流ルート、調査進め課題把握(ILC建設)

投稿者 : 
tanko 2021-4-29 9:30
 北上山地が有力候補地となっている素粒子実験施設「国際リニアコライダー(ILC)」の実現に向け、東北ILC事業推進センター(代表・鈴木厚人岩手県立大学学長)は、候補地周辺の自然環境に対する影響や物流ルート確立に関する調査を進めている。計画を推進する研究者らは、2026年ごろのILC建設開始を想定しているが、環境と物流だけでも解決すべき課題は多く、地元住民の理解を得ることも重要なポイントとなりそうだ。
(児玉直人)

 同センターは昨年8月に発足。胆江2市町を含むILC建設の有力候補地・北上山地周辺の16市町や、岩手・宮城両県、岩手県立大、県ILC推進協などで構成している。ほぼ同時期に立ち上げられた、素粒子分野の研究者らによる国際推進チーム(IDT)と歩調を合わせながら、ILC受け入れに向けた環境整備を具体検討している。
 鈴木学長は、28日に行われた県ILC推進協議会(会長・谷村邦久県商工会議所連合会長)主催のウェブ講演会で、同センターの活動状況を説明。地質や電源・水源確保、加速器関連産業の振興などに加え、自然環境や物流ルートの設定に関する課題や検討事項について紹介した。
 環境影響調査(環境アセスメント)は、国の指針に基づくものと、県条例に基づく取り組みの2本立てで進める。
 国指針に基づく対応は、ILC建設事業に先立つ早い段階で、著しい環境影響を把握。重大影響の回避や低減を図る。ー舁彜超(大気や水質など)∪限峽蓮弊己の生育・生息基盤など)生活環境(騒音や放射線量など)ぅ▲瓮縫謄ー・文化(景観や史跡・文化財など)セ餮察η儡物Σ梗叱果ガス――が評価項目に掲げられている。
 県条例に基づく調査では、植生図や自然環境マップの作製、猛禽類調査を行う。
 自然環境マップは、実験装置を設置する地下トンネル掘削に伴い配慮すべき点を4区分に整理。各区分の位置付けは▽区分A…重要性が明らかで影響回避が必要(例=徳仙丈山の山麓)▽区分B…事業による影響が懸念され、しっかりとした調査が必要(例=砂鉄川などトンネル直上の渓流)▽区分C…希少な動植物の生育環境で極力改変の回避が望ましい(例=ススキ草原)▽区分D…過去に重要性が指摘され配慮するかどうかの判断が必要(例=東山のアカマツ林)――となっている。
 鈴木学長は「環境アセスメントは非常に重要視しなくてはいけない。トンネル掘削時に発生するズリ(岩石や土砂)を置く場所などについても、これから詰めていく」と述べた。
 このほか、国内外の製造拠点から運ばれてくる大型の実験装置部品の物流ルートについても調査していることを明かした。ILCで使用する部材や装置には、1基当たりの長さが15mの長尺物や、最大65tにもおよぶ重量物がある。同センターが港湾から建設地までの輸送を想定し、現状の道路環境での経路を調べた結果、信号機に接触したり橋の強度が弱かったりなど、154カ所の障害が確認されたという。
 自然環境や道路環境など、生活に身近な要素が絡む事柄だけに、調査や課題解決策の検討が進むにつれ、候補地近傍の住民の関心は高くなると思われる。
 ILC計画に対し慎重姿勢を示している市民団体・ILC誘致を考える会の原田徹郎共同代表は「野村総合研究所や日本学術会議は、ILC実現には自然環境や放射能に対する地元理解が不可欠だと言っており、われわれが活動を始めた理由の前提でもある。北上山地の豊かな自然や文化は守っていかなければいけないものだ」と話し、同センターの動きを注視している。
 県ILC推進協のウェブ講演では鈴木学長のほか、高エネルギー加速器研究機構(KEK)の道園真一郎教授、東京大学の山下了特任教授が研究者サイドや海外の最新動向について紹介した。
トラックバックpingアドレス http://ilc.tankonews.jp/modules/d3blog/tb.php?1018

当ホームページに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。すべての著作権は胆江日日新聞社に帰属します。
〒023-0042 岩手県奥州市水沢柳町8 TEL:0197-24-2244 FAX:0197-24-1281

ページの先頭へ移動